2011年12月10日

市川森一さん亡くなる

脚本家の市川森一さんが10日、肺がんで亡くなった。
70歳。
   

黄金の日日・傷だらけの天使…市川森一さん死去(読売新聞)

市川森一さん死去 黄金の日日、ウルトラマン(東京新聞)  

私より前の年代の人にとっては、九重佑三子の「コメットさん」。
「帰ってきたウルトラマン」などが思い出深いのかもしれない。

私は「太陽にほえろ!」や「ウルトラセブン」くらいから市川さんの作品と出会っている。
だが「ウルトラセブン」は市川森一氏よりも金城哲夫氏のほうが印象が強い。

大河ドラマ「黄金の日日」は深く印象に残っている。
秀吉が日本統一を果たした時代を描いているが、主人公は戦国武将ではない。

ルソン(フィリピン)との貿易を始めた助左こと呂宋助左衛門をメインにした。
市川染五郎(現在の松本幸四郎)が主役を演じ、「異色の大河」としての記憶がある。

市川森一さんの冥福を祈ります。合掌

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

市川森一さん、死去 黄金の日日 ウルトラマン等の脚本家
Excerpt: 大河ドラマ「黄金の日日」や、特撮番組「ウルトラマン」シリーズ
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2011-12-12 19:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。