2011年12月04日

早明戦、早稲田意地の勝利!

伝統のラグビー早明戦が4日に国立競技場で行われた。
早稲田が18−16で勝利した。
   

2011/12/04(早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト)

今シーズンの早稲田は、筑波と帝京に連敗。
対抗戦優勝が早い段階で不可能になるほど苦しかった。

だがこれで終わはずがない。
明治とともに、帝京の大学選手権3連覇を阻む必要がある。

前半は3−13と明治ペース。
吉田監督が指揮してから、明治は明らかにチームが進化した。

だが後半は逆に15−3と反撃。
2点差で早稲田が伝統の一戦をものにした。

早稲田のメンバーは4年生が少ない。
早明戦でもプロップ横谷、ロック土屋、フランカーで主将の山下。
そしてフルバック井口の4人しかいなかった。

特に今シーズン悩ましかったのが、ハーフ陣。
1年生小倉を司令塔で使う選択は、今後のチームに展望が持てる。

これで早稲田は2位で対抗戦の戦いを終えた。
何度も繰り返すが帝京を倒すためにチーム一丸となる必要がある。

どこでもいい、帝京の3連覇を阻め! 

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。