2011年11月25日

「小さいおうち」中島京子

直木賞(2010年上期)受賞作「小さいおうち」を読んだ。
中島京子の作品は、「コワリョーフの鼻」以来二作目。
   
【送料無料】小さいおうち

【送料無料】小さいおうち
価格:1,660円(税込、送料別)


物語の始まりは、昭和5年。
主人公は、山形から東京に来たタキ。
平井家で長いこと住込み女中として働く。

小児麻痺、戦争があり、不倫もある。
タキによる昭和史が淡々と語られ、終わりかと思えばそうではない。

彼女自身は結婚しなかったが、血のつながりのある健史が、この作品を締めくくる。
これは、読んでいる間泣く作品ではない。

読み終わってじわじわと考える作品だ。
誰にでも、悩み後悔する事柄を抱えて人は生きている。

作家の小中が話したイギリスの女中のエピソード。
作品の終わりまで複線として大きく存在しているとは思わなかった。

タキによる、手作りのパンが美味しそう。
私もシチューと一緒に食べてみたいものだ。


ブログで書評を読むと、「中島京子の作品は初めて」という人が多い。
私などとは違い、読書家でも結構初めての人がいる。

本の世界も、どこに原石が潜んでいるかわからない。
その意味から言っても直木賞受賞は正しい選択だったのかもしれない。

絵本「ちいさいおうち」はこちら。
(バージニア・リー・バートン)
   
【送料無料】ちいさいおうち改版

【送料無料】ちいさいおうち改版
価格:672円(税込、送料別)


私はまだ読んでいない。
小説から別の作品へ広がる世界というのも興味深い。

***********************
関連記事

「小さいおうち」中島京子

小さいおうち 中島京子  

「小さいおうち」 中島 京子

「小さいおうち」感想 中島京子

『小さいおうち』を読みました。

本「小さいおうち」  

中島京子の「小さいおうち」を読んだ!

聖なるもの/守られたもの〜『小さいおうち』

小さいおうち  

女中の想い

「小さいおうち」中島京子

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237008750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

聖なるもの/守られたもの〜『小さいおうち』
Excerpt:  昭和5年の春。山形の尋常小学校を卒業したタキは、東京へ女中奉公に出る。 小説家の「小中先生」のお屋敷に奉公した後、平井家の「時子奥様」と過ごした 濃密な日々。戦前・戦中の激動の時代を背景に、..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-11-25 21:03

小さいおうち
Excerpt: 著者:中島 京子 出版:文藝春秋 感想: 中島京子さんの『小さいおうち』は第143回直木賞受賞作。 物語は若い頃東京で女中をしていたという老婦人の回想から始まります。 赤い ...
Weblog: どくしょ。るーむ。
Tracked: 2011-11-25 22:19