2011年10月27日

「贖罪」湊かなえ

殺人事件がトラウマとなり、悲劇の連鎖となる。
「贖罪」はそんな小説。(一部ネタばれあり)
   
【送料無料】贖罪

【送料無料】贖罪
価格:1,470円(税込、送料別)


湊かなえといえば「告白」で知られる。
「贖罪」も似た作品。

舞台は空気のきれいさが売りの田舎町。
小学校のプール更衣室で起きた、女児殺害事件。

被害者と一緒にバレーボールしていた4人。
容疑者の顔を見ていたはずなのに、顔が思い出せない。

被害者の母親から「人殺し」と呼ばれ、罪の意識を持つ4人。
その後、この事件が遠景となった悲劇が次々起きる。

「告白」でも女児が死んだのはプール。
この「贖罪」でも同じようにプールで人が2人死ぬ。
作者はプールでの死に何か拘りがあるのだろうか?

PTA臨時総会での真紀の話す内容。
「こんな説明じみた台詞があるわけない」と思いながら読んだ。

だが、彼女の訴えはその場にいた麻子にだけ届けばいいもの。
気がついた時には「上手くできている」と感心した。

最初に大まかなプロットを作成し、どこで何を読者に伝えるか。
それを作者はよく計算している。

「告白」でも使った「人によって視点が違う」という点。
麻子の身勝手さに怒りを感じた人が多かったに違いない。

だが、それでもこの作品は未完成という感想が残る。
明らかにおかしな表現があるし、作品そのものに救いがない。
指輪の発見などご都合主義も見られる。

「少女」でもそうだったが、ドロドロの作品が続く湊かなえ。
彼女はこの路線を貫くのだろうか?

それともどこかで別の路線へと転換するのか。
余計なお世話ながら気になった。

湊かなえの作品を次に読むとしたら、「夜行観覧車」になるだろうか。
「Nのために」という選択肢もある。
「贖罪」の満足度からいえば、どちらもすぐに読もうとは思わない。

追記

この作品、ドラマ化されることが決まった。
2012年1月、WOWOWで放送される予定。
どんなキャストになるのだろうか。

***********************
関連記事

湊かなえ『贖罪』  

「贖罪」湊かなえ

『贖罪』湊かなえ

【贖罪】 湊かなえ 著  

湊かなえ 『贖罪』

贖罪 (湊 かなえ)

湊かなえ 贖罪

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 08:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232280546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【贖罪】 湊かなえ 著
Excerpt: おそろしい、罪の連鎖が始まってしまった。  いま何位かな? [:next:] 人気ブログランキング【あらすじ】取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やか..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2011-10-27 18:45

贖罪 (湊 かなえ)
Excerpt: 空気のきれいさ以外、 取り柄のない穏やかな田舎町。 そこで起こった惨たらしい事件。 少女はもう戻ることはなかった。 彼女と友人だった、 残された四人の少女たち。 現場にいたのに犯人の顔を思い出せない..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2011-10-27 19:43

湊かなえ『贖罪』
Excerpt: 贖罪 (ミステリ・フロンティア)湊 かなえ東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『贖罪』を紹介します。本書は同著書『告白』と同形式の語り口です。1章ずつ当事者一人が一人称で語られます。..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-10-29 00:36

湊かなえ 贖罪
Excerpt: 取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつ..
Weblog: マロンカフェ 〜のんびり読書〜
Tracked: 2011-10-30 13:58