2011年10月04日

婚外子の相続差別は違憲、大阪高裁

未婚の男女間に生まれた子(非嫡出子)への相続差別は違憲。
大阪高裁(赤西芳文裁判長)が判断をしたことが分かった。

   目

この件については95年に最高裁の判決が出ている。
それ以降、高裁での違憲判断は初めてだという。

民法の規定では、非嫡出子は嫡出子の半分しか遺産相続が認められていない。
それが今度の高裁の判断で覆された形となった。

この決定については、いろいろな意見があるだろう。
「社会が変わったから法律の解釈も変えるべき」という意見。

そして、こんな意見もあるはず。
「非嫡出子が嫡出子と同じなのはおかしい」

社会の変化とともに、「何が正しいか」ということは変わる。
それが、このタイミング出よかったのかどうか。

大阪高裁の決定は、今後の議論を招くか

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。






posted by りゅうちゃんミストラル at 08:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。