2011年09月11日

「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ

自殺志願の、自殺志望の女性が田舎の民宿で体験する話。
それがこの「天国はまだ遠く」。
   
【送料無料】天国はまだ遠く

【送料無料】天国はまだ遠く
価格:380円(税込、送料別)


主人公は23歳の千鶴。
短大卒業後、保険会社に入社するが営業ノルマを達成できない。

仕事ばかりではなく、人間関係にも疲れた彼女。
自殺しようと、木屋谷という田舎の集落にやってくる。

めったに客の来ない民宿にはむさくるしい男、田村がいた。
何と1泊1000円で宿泊できるという。しかも食事付。

千鶴は用意してきた睡眠薬を大量に服用。
自殺を試みるが失敗。ほぼ一日寝たままで、死ねない。
死ぬのをあきらめた彼女は、田舎を満喫する。

田村は野菜を育て、鶏を飼い、釣りをする。
そうした自然の営みは、都会人を救うのかもしれない。

しかし千鶴は気がつく。
ここが自分の住む場所ではないということを。

私は瀬尾まいこの作品を読むのは初めて。
ストーリーは簡単。技巧など関係なしに話は進む。
それでいい。こんな小説があっていい。

作者は教員で、田舎の村落に赴任した経験があるという。
千鶴と同じように、そこで吐いたりしたそうだ。

読んでいて思い出したのは「オズの魔法使い」。
あの作品でも、主人公ドロシーは、生まれ故郷のカンザスに帰ってくる。
時代や国が違っても、結末が同じなのはどこか安心する。

地球が滅亡の危機にならなくていい。
主人公が白血病になる必要はない。


ところで、医者からもらった睡眠薬で死ぬのは困難。
というのも、医師は偽薬を処方できる。

「眠れないから、睡眠薬を出してほしい」という患者がいたとする。
その患者の要求どおりに睡眠薬を出した場合。

一度に全部服用する「オーバードース」をしてしまう患者もいる。
医師は嘘の処方で患者を「騙す」ことが許されている。


次にこの作家を読むとしたら、「幸福な食卓」になるだろうか。
少なくとも、読者を大きく落胆させることはないだろう。

***********************
関連記事

「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ  

瀬尾まいこ 天国はまだ遠く 

「天国はまだ遠く」瀬尾 まいこ

天国はまだ遠く | 瀬尾 まいこ

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 09:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「天国はまだ遠く」瀬尾 まいこ
Excerpt: 仕事も人間関係もいきづまってしまったOL・千鶴は自殺をするために、「誰も私を知っている人がいないところ」と決めた日本海側、北のほうへ旅立つ。 偶然見つけた山あいの集落・木屋谷。 そこに一軒だけある..
Weblog: 日々の書付
Tracked: 2011-09-11 21:36

瀬尾まいこ 天国はまだ遠く
Excerpt: 天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ 仕事がうまくいかず、職場に馴染めず生きるのが苦しくなった千鶴は一大決心をする。自殺しようと・・・ そして、北へ北へ、うんと遠くへ・・・ たどり着いた所は、2年..
Weblog: マロンカフェ 〜のんびり読書〜
Tracked: 2011-09-12 11:40