2011年09月07日

「ネバーランド」恩田陸

「ネバーランド」は恩田陸が得意とする学園もの。
男子高校の寮で冬を過ごす4人が描かれている。
   
【送料無料】ネバーランド

【送料無料】ネバーランド
価格:540円(税込、送料別)


高校の寮が舞台となれば、普通は登場人物が多すぎて描き切れない。
そこで恩田は、学生たちが帰省する冬に時間枠を設定。

これで3人が寮に残るという「非日常」が出来上がった。
だがそこにもう一人、瀬戸 統が加わる。

それぞれの学生は、年末年始をなぜ寮にいるのか。
それは、読んでいるうちに明らかになってくる。

母親を感電事故で失った統。
子どもの頃に起きた誘拐事件の記憶が残る美国。
両親の離婚が確実な寛司。
そして光浩はトラウマとなった暗い過去が明らかになる。

本来、こうした学生だけでの集団生活はありえない。
なぜなら調理の際火事になったら責任問題となるから。

さらに厳しいことを言えば、恩田に男4人の世界を描くのは無理。
性のことなど踏み込んでいるようでいて、きれいに描きすぎ。
寛司の両親が来たり、統の父親が航空券を持ってくるのもご都合主義。

だが、それを差し引いてもこの作品は多くの人から支持されている。
恩田は「六番目の小夜子」「夜のピクニック」でもそうだったが、学園ドラマが好き。
好きというか、拘っている。

過ぎ去った日は戻ってこない。
そんな簡単なことが年齢とともに、より明確になる。

次に恩田の作品を読むとしたら。
「ユージニア」か「ねじの回転」になるだろう。

読みたい本をすべて読むには、あと3000年くらい必要になる。

***********************
関連記事

「ネバーランド」恩田陸  

ネバーランド 恩田陸

恩田陸『ネバーランド』

ネバーランド / 恩田陸

「ネバーランド」 恩田陸

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 07:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224660994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ネバーランド」 恩田陸
Excerpt: 私は恩田陸の書く高校生はいつも素晴らしいと思つてゐるが、この作品はその最高峰である
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2011-09-07 15:28

恩田陸『ネバーランド』
Excerpt: ネバーランド (集英社文庫)恩田 陸集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、恩田陸『ネバーランド』を紹介します。学生寮に住む美国、寛司、光浩に通学組みの統の4人で展開する青春小説でしょうね。ミステリ..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-09-11 17:35