2011年08月25日

「ナラタージュ」島本理生

島本理生の「ナラタージュ」をじっくりと読んだ。
   
【送料無料】ナラタ-ジュ

【送料無料】ナラタ-ジュ
価格:620円(税込、送料別)


主人公は大学2年生の工藤泉。
両親が仕事の都合でドイツに行き、ひとり暮らし。

高校の演劇部で部員が足りないことから、協力するよう要請が来る。
顧問の葉山は世界史担当で、泉はこの教師が好きだった。

葉山は結局、どうしたかったのか?
離婚していないのに、泉にはそのことを隠す。
元教え子を揺り動かして「不器用」じゃ済まないだろ!

ある程度予想はできたが、柚子の死は読んでいて厳しいものがあった。
柚子から手紙を送られた新堂は、重い十字架を背負って生きなければならない。

終わり近くになって、泉が偶然カメラマンに出会うのはご都合主義ではないか?
この部分がなくても、物語は立派に成立したはずだ。

小野の人間性が明らかになる過程が怖かった。
いくら何でも彼女の持ち物を勝手に見るのはドン引きだろ。

泉と葉山。柚子と小野。
そして柚子と新堂。思い出すだけで痛い。

タイトルは、回想で過去を再現するという意味。
高校時代のことが織り交ぜられ、大学2年での出来事も過去として語られる。
こうした二重三重構造があることで本作品は厚みが増している。

***********************
関連記事

「ナラタージュ」島本理生

「ナラタージュ」島本理生

ナラタージュ

ナラタージュ   島本理生

ナラタージュ  

ナラタージュ

『ナラタージュ』 島本理生 

島本理生 『ナラタージュ』

<オススメ>『ナラタージュ』 島本理生 (角川書店)

ナラタージュ / 島本理生

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 07:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222198439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。