2011年08月22日

「日本を降りる若者たち」下川裕治

日本で言う「ひきこもり」を、海外で行う「外こもり」。
「日本を降りる若者たち」は、その実態について書いている。
   
【送料無料】日本を降りる若者たち

【送料無料】日本を降りる若者たち
価格:756円(税込、送料別)


バンコクにはカオサンという通りがある。
ここには安宿が集まっており、食事やネットなどインフラも整っている。

1泊300円ほどのゲストハウスに宿泊。
観光もほとんどせずに過ごす人が結構いる。

日本では希望が見えず、人とのつきあいも苦手。
屋台などで美味しいものが安く食べられるバンコク。

ところが最近ではそうもいかなくなってきた。
タイ政府が、長期滞在者の締め出しを行っているからだ。

本書にも描かれているように、以前はノービザで30日滞在。
その30日の間に隣国に行けば、また30日の滞在が可能だった。

多くの長期滞在者は、国境が近いカンボジアに向かった。
ひどい場合は数分のカンボジア滞在でタイに戻る。

ところが今は陸路での入国者に対して15日の滞在しか認めなくなった。
タイ政府にとって、観光などでお金を使わない長期滞在者は悩みの種。

長期のビザを取得するには、タイの銀行に300万円ほど預金する必要がある。
(90日ノービザの話もあったが実現していない)

著者の下川氏は「12万円で世界を歩く」などで知られた人。
バックパッカーとしてタイにも長く住んでいた経験がある。
格安航空券の雑誌も編集した経験があり、その事情にも通じている。


実際に行ってみればわかるが、タイは居心地がいい。
1キロ100円ほどで洗濯してくれるサービスがある。

1時間100円で使えるネットカフェがある。
日本人でも長期借りることができるアパートもある。

世界中から旅行者が集まるので、刺激も多い。
人によってはナイトライフを求めてこの国に行くことさえ、今もある。

だが本書でも描かれているように、日本人滞在者はそう幸せでもない。
登場する女性のように、日本でストーカーに監禁され人生が狂った人もいる。

うつ病の人も結構多いはず。
中には「ここで死ぬために来た」という人さえいる。

では今後、「外こもり」の日本人は減るんだろうか。
それは日本国内の状況次第。

海外での長期滞在をうらやましがる人は多い。
だがその実情は結構暗かったりする。

「初めての海外がバンコク」という人は多い。
学生は慣れない海外に戸惑い、ハイな気分から失敗する。

麻薬や女など、「天使の住む都」バンコクには罠も多く存在している。
これからタイに行く人は、油断しないように。

追記

本書で登場したジミー金村氏とは、以前メールのやり取りをしたことがある。
彼はバンコク市内のバスマップを製作し、大食いで知られる。
久々に彼の名前を見つけて懐かしかった。

***********************
関連記事

『日本を降りる若者たち』

『「生き場」を探す日本人』はもしかすると新しい日本人のあり方かもしれない

[読書]下川祐治『日本を降りる若者たち』講談社現代新書  

『日本を降りる若者たち』下川裕治

日本を降りる若者たち

『日本を降りる若者たち』(下川裕治著)を読んで(1)

日本を降りる若者たち』(下川裕治著)を読んで(2)

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 08:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック