2011年08月14日

被災地でニセ医者あらわる?

震災被災地の宮城県石巻市で、ニセ医者が患者を治療していた?
医師免許を持たないということで男性が問題視されている。

   P1000147.JPG     

無免許診療の男性「法に抵触、裁かれるだろう」(読売新聞)

上記読売の報道によると、この医師は海外の医師免許を持っていると主張。
6月に医師ではないとの指摘を受け、その後は所在がわからなくなっていた。

もし、本当に他国の医師免許があるのであれば、違法性は阻却される。
以下のように厚労省も通達を出している。

外国の医師免許を有する者の医療行為の取扱いについて(厚生労働省)

逆に、「助成金狙い」という一部報道もある。

被災地の偽医師 米NGOから助成金狙う(TBS News)

気になるのは、この男性が「治療」した患者たち。
男性はどんな治療をし、評判はどうだったのか。

ニセ医者で思い出すのは渡辺淳一の小説「雲の階段」。
アメリカの医療ドラマ「ER」でもニセ医者が登場した。
(第5シリーズ11話「アマンダ・リーの実像」)

無免許医が主人公の漫画「ブラクジャック」でも無資格の老医師が登場。
(「古和病院」)

これら3つの話に共通するのは「免許のない医師より優秀」ということ。
ある意味、ニセ医者の優秀さは現代医療への皮肉と言える。

だが、無資格診療が違法であることは間違いない。
この男性も、警察当局によって身柄を確保されるのか。

このニセ医師事件、詳細を知りたい

***********************
関連記事

偽医者  

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。






posted by りゅうちゃんミストラル at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。