2011年08月09日

「横道世之介」吉田修一

「横道世之介」を読んだ。
吉田修一の作品は芥川賞受賞作「パーク・ライフ」以来。
   
【送料無料】横道世之介

【送料無料】横道世之介
価格:1,680円(税込、送料別)


主人公の世之介は、九州から東京の大学入学のために上京。
いろいろな人たちと付き合いながら青春を謳歌する。

物語は大学時代の世之介と、彼の友人たちがその後どうなったか。
二重構造になっている。

世之介が、韓国人と人助けのため事故に遭った。
この事故がモデル。

新大久保駅乗客転落事故(Wikipedia)

この世には、多くの世之介が存在している。
そして人に影響を与え、思い出の中に生きている。

もちろん世之介のモデルは、長崎出身の吉田修一自身。
出てくる大学も、吉田が通った法政大学。

「懐かしの昭和」という点なら、映画「フォレスト・ガンプ」を思い出す。
世之介の死については映画「スタンド・バイ・ミー」か。

世之介の彼女、祥子だけの話を抜き出せば。
それはまるで「風に舞いあがるビニールシート」

読者の年代も関係するが、ツボにはまればかなり感動できるだろう。
2010年の本屋大賞3位。

芥川賞作家は、一部が受賞後に作品を残せず忘れ去られる。
だが吉田修一に限っては、それはないだろう。
しばらくの間、記憶に残る作品を出し続けるはずだ。

次に吉田修一の作品を読むとしたら、「悪人」になるだろうか。
順番から言えば、「悪人」のほうを先に読むべきだったかもしれない。

***********************
関連記事

「横道世之介」吉田修一

横道世之介  

「横道世之介」 吉田 修一

横道世之介

『横道世之介』吉田修一

「横道世之介」(吉田修一著)を読み終えて  

「横道世之介」 吉田修一著 毎日新聞社

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「横道世之介」 吉田修一著 毎日新聞社
Excerpt:  バブルの真っ盛りにいるとき、それがバブルであることなどほとんどの人が気づかない
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2011-08-09 22:12