2011年08月07日

「ボックス!」百田尚樹

高校のボクシング競技を描いた「ボックス!」を読んだ。
09年本屋大賞5位だが、順位以上に評価は高い。
   
【送料無料】ボックス!

【送料無料】ボックス!
価格:1,869円(税込、送料別)


パターンとしては、いじめられっ子がボクシングを始める「はじめの一歩」。
高校生がインターハイを目指すという点では「一緒の風になれ」を思い出す。

後半の試合部分は種目こそ違うが、「風が強く吹いている」をイメージした。
もちろん曽我部は「あしたのジョー」の丹下段平だ(笑)。

この作品は分厚いが、話自体は簡単。
私は2日で読んだ。

主人公の木樽優紀は高校1年生。中学ではいじめられていた。
高校では優等生で、成績優秀で学費免除。
父親がいない中で家計を助けていた。

そんな優紀の幼なじみが同じ高校に通う鏑矢義平。
勉強はできないがボクシングの才能には恵まれていた。

病弱なマネージャー、丸野の死は小説として反則だ。
ボクシング会場に彼女の遺影が持ち込まれる。
この展開で多くの人が泣いただろう。私のその一人。

どうせ反則技を使うなら、丸野の危篤を描くべきだった。
ボクシング部を辞めたカブが病院に駆けつけるが、丸野の死に目に会えないとか。
丸野が死ぬ間際に、「鏑矢君は私の夢だった」と話しかけるとか。

それと、敵役の稲村をもっと描写してもよかった。
家族に勝利を誓うとか、逆に憎らしい一面があったりとか。


英語教師でボクシング部の顧問となった耀子。
彼女もまた、主人公の一人と言える。

耀子と木樽の視点で話は進む。
マイナースポーツであるアマチュアボクシング。

その世界を耀子が質問し、理解することで読者に対する説明にもなっている。
この点は、「説明」と「描写」が難しいところだ。

話の中に出てくる、「才能と鉱脈」は、多くの分野で見られる。
実に多くの才能が、開花することなく葬られている現実がある。

高校を卒業した木樽と鏑矢が、その後どうしたか。
この描き方も「風が強く吹いている」を私は思い出した。

この作品が高く評価される意味。
それは私にもよく理解できる。

以前、後楽園ホールに何度か新人王決定戦を見に行ったことがあった。
スポーツは、マイナーな競技でも自分が知らない人間ドラマがあって面白い。

文句があるとすれば、誤変換など間違いが多い。
著者もそうだが、編集者が何とか気がつくべき。

もうひとつは文章の稚拙なところ。
せっかくの長編なのだから、洗練された文章がもっと必要だ。
読んでいてもったいないと感じた。


百田尚樹といえば「永遠の0」。
今でも図書館では予約待ちの状態。いつかは読めるだろう。

***********************
関連記事

『BOX(ボックス)!』 百田尚樹  

Box! ボックス!  百田尚樹

『ボックス!』百田尚樹

百田尚樹『ボックス!』

百田尚樹 『ボックス![Box!]』  

「ボックス!」百田尚樹

百田尚樹  ボックス!

百田尚哉『ボックス!』

ボックス!

百田尚樹/「BOX!−ボックス!」/太田出版刊

「ボックス!」(百田尚樹)

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 07:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。トラバありがとうございました。
二部構成にしたのは、面白かったと思いますが、仰るとおり文がこなれておらず、いたずらに長くなっている印象も受けました。
物語は面白かったので「錨を上げよ」を読んでみたら、上巻で挫折^^;そのため、読みたかった「永遠の0」二手を出すのを躊躇している次第です…。
トラバのお返し、させて下さいね。
Posted by 金平糖 at 2011年08月09日 08:39
金平糖さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

「素人っぽい文章」というのは私は結構好きです。
でもこの作品はもう少し何とかならなかったかと考えます。

トラックバックですが、コメントと同じタイミングで表示しました。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by りゅうちゃん(管理人) at 2011年08月09日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218859291
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

百田尚樹  ボックス!
Excerpt: いきなり話が脱線しますが、私はかなりのホームズ好きです。昔NHKでやっていたイギリスグラナダ放送のホームズドラマのDVDも全巻持っていますし、アニメの犬のホームズも見てました。(笑)ただ悲しいかな、ト..
Weblog: マロンカフェ 〜のんびり読書〜
Tracked: 2011-08-08 07:15

「ボックス!」(百田尚樹)
Excerpt:      BOX! ボックス!              百田尚樹   大田出版 ★「ボックス!」は、こちらから★ 2009年本屋大賞の第五位というだけあって、予約を入れてから..
Weblog: モコモコ雲を探しに♪
Tracked: 2011-08-09 08:40

『ボックス!』百田尚樹
Excerpt: 「ボックス!」(BOX!) 百田尚樹 大田出版 2008年 一言だけ言わせてくれ、この小説がいかに凄いかを簡単に説明できる。読んで一週間後に私は正式にボクシングジムに入門したのだ。以上。 以下は..
Weblog: ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
Tracked: 2011-08-14 12:56

百田尚樹『ボックス!』
Excerpt: ボックス!百田 尚樹太田出版このアイテムの詳細を見る 「心に残る本」の牛くんの母様推薦→記事はこちら 今回は、百田尚樹『ボックス!』を紹介します。高校のアマチュアボクシングの話です。中心人物は、運..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-08-15 21:00

ボックス!
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだ..
Weblog: ぼちぼち
Tracked: 2011-08-28 09:42