2011年08月01日

「ジョーカー・ゲーム」柳広司

日本のスパイを描いた柳広司の短編集「ジョーカー・ゲーム」を読んだ。
(この記事、ネタばれあり)
   

舞台は昭和12年の日本。
スパイ養成を目的とした「D機関」が発足した。

<ジョーカー・ゲーム>

D機関創立に尽力したのは元スパイの結城中佐。
奇抜な方法で人材を集める。

「来る途中にあった階段は何段か」というのは、ホームズでも出てきたはず。
回文は、暗号解読のために必要。

当時、天皇制の正統性と合法性について共産主義者以外が語っていた。
それに対して怒る佐久間と結城の切り捨て方が興味深い。
この天皇制の話が、ゴードンの持つマイクロフィルムに大きく関係する。

<幽霊>

横浜のイギリス総領事が日本でのテロ事件に関与しているか否か。
それを探るのが今回の指令。

D機関のエージェントが総領事のチェス相手となって調査を始める。
限られた時間内にミッションを終了することができるか。

<ロビンソン>

写真館に勤務する伊沢は、ロンドンに赴任したD機関出身のスパイ。
だが、新人外交官によって正体がばれてしまう。
伊沢は異国で捕らえられ・・・

結城から伊沢へ、餞別として送られたのはロビンソンクルーソーの本。
この展開は私には読めなかった。

髪の毛をドアにはさんでおく方法は古典的。
尾行をかわすために、乗り物が発射する寸前に降りるやり方。
これも古典的で、「名探偵コナン」で紹介されていた。

<魔都>

舞台となった上海に配属された本間。
及川大尉から秘密の命令を受ける。

人を思うように動かすこと。
その影にいたのはD機関のエージェントだった。

これも、結末が読めなかった。
エピソードが終わりそうになって最初のページを読み返す。
それは作者にとって「してやったり」の瞬間。

<XX>

ドイツからやってきた記者のシュナイダーが殺された。
実は彼こそソ連の二重スパイだった。

D機関の「卒業試験」としてこの事件を担当することになった飛崎。
彼の不幸な生い立ちが、事件に影響する。


作品に出てくる手品師の選択(マジシャンズチョイス)。
これについてドラマ「古畑任三郎」にも出てきた。
(古畑の時は「マジシャンズ セレクト」と言っていたが、内容は同じ)。

日本では、スパイ小説が少ない。
その中にあってこの作品はスパイの初歩として読者の興味を引く。

09年本屋大賞の3位というのは納得できる。
逆に言えば、本屋大賞のランクは私にとって読む本の指針になる。
もちろん例外はあるけれど(汗)。

***********************
関連記事

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム(柳広司)  

柳広司『ジョーカー・ゲーム』

『ジョーカー・ゲーム』 柳光司

柳広司『ジョーカー・ゲーム』

『ジョーカー・ゲーム』 柳広司 > 「このミス」完全読破 No.162

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 07:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217749034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

柳広司『ジョーカー・ゲーム』
Excerpt: ジョーカー・ゲーム柳 広司角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、柳広司『ジョーカー・ゲーム』を紹介します。本書はスパイ小説です。全部で250ページで短編が5編あります。日本軍..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-08-02 20:33