2011年07月16日

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤

空飛ぶタイヤ」をやっと読み終わった。
厚いが読む価値のある本。傑作だ。
   
【送料無料】空飛ぶタイヤ(上)

【送料無料】空飛ぶタイヤ(上)
価格:680円(税込、送料別)


トレーラーのタイヤが外れて女性を襲う。
その女性は死亡する。

整備不良として片付けられるこの事故。
運送会社の社長である赤松は納得せず真相究明に奔走する。

彼はいつも分の悪い戦いを強いられる。
被害者の家族からは恨まれ、会社の資金繰りも行き詰まる。

古参の社員までもが会社を見捨てる始末。
PTAの会長としても、トラブル連発。

しかし彼は戦いをやめるわけにはいかない。
自分や家族、そして従業員とその家族を支えているのは自分だからだ。

この「諦めない戦い」というパワーに恐れ入った。
遺された息子の文章には泣けた。

ホープ自動車の社章がスリーオーバルであること。
読者にはモデルが三菱であることは明らか。

三菱リコール隠しは社会問題となった。
三菱グループ各社は、この作品を入口に置いたりしないのだろうか?

人は弱い。
巨大組織や警察といった公権力の前に、正しいことができなくなる。
だからこそ企業の不正は後を絶たない。

もうひとつは、内部告発者への報復。
トナミ運輸を思い出す。
会社はヤミカルテルを告発した社員に32年間、空き地の草むしりをさせた。

トナミ運輸 内部告発と報復(wikipedia)

愛媛県警で裏金を告発した仙波敏郎氏。
職務経験と何の関係もない通信指令室付に突如異動させられた。

日本では、内部告発者に対して「裏切り者」という目で見る。
恐ろしいことだ。


救いは沢田の妻、英里子の存在。
彼女はホープ自動車の社外取締役になるべき。

本を読んでいてよく考えることがある。
それは、もしこの作品を別の作家が書いていたらということ。

「経済小説」「企業小説」で知られる城山三郎だったら。
「沈まぬ太陽」の山崎豊子だったら。
そう考えるだけで妄想する時間がいくらあっても足りない。

ところでこの作品はハッピーエンドではない。
事故で亡くなった女性は戻ってこない。

「人の命がもっとも大切」ということは多くの人が言う。
だが実際は、企業や保身のほうが大切になってしまう。

我々が知らないだけで、隠された事実が多く眠っているはず。
雪印、シンドラーエレベータ、JR西日本など思い出すだけで不正は多い。

今生きている社会の怖さを感じる。
「巨大企業は間違えない」ということなどあるわけがない。

この作品が、直木賞に選ばれなかったのはとても不思議。
先日、「下町ロケット」で直木賞を受賞した池井戸氏。

彼は大学卒業後、銀行勤務の経験があるという。
そういえば、この作品にも銀行での場面が多く登場する。

次に読みたいのは「下町ロケット」。
だが、すでに図書館で順番待ちが70人を超えている。
銀行を描いた「シャイロックの子供たち」を先に読むべきかも知れない。

***********************
関連記事

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤

池井戸潤 『空飛ぶタイヤ』 タイトルで損をしているが傑作のミステリーだった。

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤

空飛ぶタイヤ(池井戸潤)

池井戸潤 『空飛ぶタイヤ』

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 08:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『下町ロケット』も中小企業のオヤジが悪戦苦闘するお話で感動ものでした。
Posted by よっちゃん at 2011年07月19日 17:31
よっちゃんさん、こんにちは。

各記事の下にはこう書いてあります。

>コメントする人は、まず挨拶しましょう。

『下町ロケット』ですが、記事にも書いたように、図書館での順番待ちが長いです。
読めたとして来年になるでしょう。
Posted by りゅうちゃん(管理人) at 2011年07月19日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215078622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤
Excerpt: 空飛ぶタイヤ 池井戸 潤 大型トレーラーのタイヤが突如外れ、歩道を歩いていた子連れの主婦を直撃した。大型トレーラーをを製造した会社の調査によれば所有していた運送会社の整備不良が事故の原因ら..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2011-08-29 21:07