2011年07月15日

直木賞、池井戸潤「下町ロケット」

第145回芥川賞と直木賞が発表された。
直木賞は池井戸潤「下町ロケット」が選ばれた。
芥川賞は3期ぶりに該当作なしだった。
   
【送料無料】下町ロケット

【送料無料】下町ロケット
価格:1,785円(税込、送料別)


直木賞に池井戸潤さん=芥川賞は該当作なし(時事通信)

池井戸潤といえば「空飛ぶタイヤ」で知られている。
  
【送料無料】空飛ぶタイヤ

【送料無料】空飛ぶタイヤ
価格:1,200円(税込、送料別)


この作家はアマゾンでも高い評価を得ている。
「空飛ぶタイヤ」がなぜ直木賞にならないかという疑問の声も多くあった。

分野としては「経済小説」という区分けになる池井戸氏。
今後も魅力ある作品を世に送り出すだろう。

芥川賞の該当作なしは仕方ないのかもしれない。
無理に話題作りを狙うのは間違っている。
綿矢りさ、金原ひとみダブル受賞のようなことはもうやめるべき。

池井戸さん、直木賞おめでとう!

***********************
関連記事

下町ロケット 直木賞受賞おめでとうございます

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。






posted by りゅうちゃんミストラル at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍「下町ロケット 」中小企業のプライドを見せろ!
Excerpt: 「下町ロケット 」★★★★池井戸 潤 著 , 小学館 、2011/7/30.3版 ( 416ページ , 1,785 円) <リンク:<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">【送料無料】下町ロケット価格:1,785円(税込、送料..</table>
Weblog: soramove
Tracked: 2011-08-04 11:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。