2011年07月13日

「葉桜の日」「果実の舟を川に流して」鷺沢萠

「葉桜の日」と「果実の舟を川に流して」を読んだ。

   白い花

「葉桜の日」は19歳のジョージが主人公。
レストランの経営者、志賀さんが親代わり。
   
自分が誰であるのか。今まで長い間それを問わないで生きてきた。
ジョージは作者である鷺沢そのもの。

父方の祖母が韓国人だったことから自分のルーツに興味を持った鷺沢。
韓国留学もしている。

「果実の舟を川に流して」は横浜の中華街にあるバーのスタッフが主人公。
母親の死によって有名大学での学生生活が終わった健次。

海外での放浪生活の末、ママに雇われた。
女装のママはサイのような姿をしている。

アメリカで何があったのか。
ベトナム戦争との関連についても詳しい説明はなし。

両作品とも、「くどくどと説明しない」ことに徹している。
簡単に言えば「荒い」。それは作者自身が理解した上で選択したこと。

鷺沢は04年4月に自殺した。
彼女が40過ぎても小説を出していたら。

どんな作品だっただろうか。
「ボロボロになっても表現し続ける」という鷺沢を見てみたかった。

「21や2でこの作品を描けるのはすごい」
と、多くの人は褒める。

私はその意見に心から賛同できない。
人は死ぬと伝説になる。
生きている人は伝説には勝てないと私は考えている。

***********************
関連記事

鷺沢萠「葉桜の日」  

「葉桜の日」鷺沢萌

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック