2011年07月03日

「盤上の敵」北村薫

「盤上の敵」は残酷で意外な作品だった。
(この記事、ネタばれあり)
   
【送料無料】盤上の敵

【送料無料】盤上の敵
価格:620円(税込、送料別)


テレビ制作会社勤務、末永純一の自宅に散弾銃を持った男が立てこもった。
妻の友貴子が人質になっているらしい。
末永は事件解決を警察に任せず、自分で妻の救出を行う。

さすがにこの作品の結末は読めなかった。
どうして事件とは無関係と思われる妻の昔話が長いのか。
それは結末に向けて、どうしても必要だったからだ。

私が読んだのは文庫本。解説は光原百合。
彼女の作品は、「時計を忘れて森へいこう」と「十八の夏」を読んだ。

彼女は、「盤上の敵」について異質であると同時に本格だと書いている。
ミステリーの世界で、必ずしもハッピーエンドになるとは限らない。

「北村作品だから」ということで安心していた読者は驚く。
そのため、「傷ついた」という読者からの手紙が北村の元に届く。

私がこの作品を今まで読まなかったのも、北村本人の注意があったからだ。
だが私は読んでしまった。

一度読んだものは、「なかったこと」にはできない。
友貴子の過去をなかったことにできないのと同じように。


この世には、人を傷つけることでしか存在を証明できない。
または、そう信じている人がいる。
だからこそ、多くの凄惨な事件は実際起きる。

「人間の怖さ」という点では、宮部みゆきの「火車」と同じ種類だと感じた。
私自身は「火車」のほうが心理的な重さがよりずしんときた。

作品をチェスに見立てたのには疑問が残る。
チェスとの関連は消化不良だったし、日本はチェス後進国。
無理にチェスを持ち出す必要があったのかどうか。

ひとつ、気になることがある。
この作品を読んだ人は、果たして人に優しくなれたか。

もし、人がこの作品で変わるきっかけをつかめないのであれば。
北村薫、そしてミステリー小説に何の意味があるのか?
ただ単に「娯楽」としての意味しかないのでは悲しい。

***********************
関連記事

白のキングは戦う。 北村薫【盤上の敵】

北村薫 『盤上の敵』 見事に決まった叙述の仕掛け

北村薫『盤上の敵』講談社文庫  

北村薫著 「盤上の敵」 (1)  北村薫著「盤上の敵」 (2)

↑この作品について、いろいろと興味深い考察をしている。
参考にさせていただいた。

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213014443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック