2011年06月29日

「悲しみよこんにちは」サガン

たまには古典を。
ということで、「悲しみよこんにちは」を読んだ。
サガンの才能に驚いた。
   
【送料無料】悲しみよこんにちは

【送料無料】悲しみよこんにちは
価格:460円(税込、送料別)


主人公は17歳の少女セシル。
母親を亡くし、寄宿舎の生活から父親と暮らす。
夏のバカンスシーズン、親子は海の近くに別荘を借りていた。

だが、父と娘は二人だけではない。
エルザという若い女性が一緒だった。

父親は半年ごとに愛人を取り替えるという奔放ぶり。
セシルはそのことになれるのに時間がかかった。

それでも自由のある生活は楽しかった。
母親の友人であるアンナが来るまでは。

アンナは父親と同じく40代だが、セシルに規律を求めた。
試験勉強をするように主張し、彼氏のシリルとの付き合いもやめるよう言った。

反発するセシル。
父親とアンナの関係が深くなったことで別荘を出たエルザ。

そしてシリルの二人を使って計略をめぐらすセシル。
計画はうまくいったように見えたのだが・・・


日本でも、新人作家が出てきた時に「鮮烈なデビュー」などという表現を使う。
だが、この作品を読めばその言葉が多くの場合いかに陳腐であるか。
それを思い知る。

18歳にしてこの作品を出したサガン。
短い言葉を多用し、セシルの内面を説明ではなく表現する。
鮮烈というより驚愕という言葉がふさわしい。

読みながら考える必要がある作品。
150ページと長くはない作品を読むのに時間がかかった。

普遍性ということで言えば、この作品は1954年に出た。
しかし今読んでも色褪せることなくその輝きは健在だ。

今だけではない。
30年、50年と世界中の人に読み継がれるだろう。

しかも読者の年齢を選ばない。
10代で読んだら作者、主人公のつもりで読める。
20代ならシリルの目線、40代なら父親の視点がある。


興味深いのは、日本語訳を担当した朝吹登水子氏によるあとがき。
彼女は54年の12月、パリにあるサガンの家を訪問した。

サガンという名はプルーストの小説からとったもの。
プルーストをはじめ、詩人のランボーやサルトルをサガンは好んでいた。

驚きだったのは日本の映画が好きだと言っていたこと。
「羅生門」や「地獄門」を彼女は挙げていた。

次の作品である「ある微笑」についても語っていた。
その部分を紹介しよう。

「私、この次の小説が出るのを、みんなが機関銃をもって待ち受けているってことを知っているわ」」
(太字部分、「あとがき」より引用)

デビュー作が大きな話題となった若い作家。
となれば批評家の多いフランスでは批判の的になりかねない。

日本でさえ、若くて有能な作家がデビューするとプレッシャーで潰されることがある。
だが、サガンの場合はプレッシャーにかかわらずデビュー作だけで終わらなかった。

私は思う。
何回生まれ変わっても、こんな文章は書けない。

私だけではない。
10代の作家が話題になったことといえば、日本では綿矢りさを思い出す。

「インストール」が文藝賞を受賞したのは01年。
17歳だった。

そして04年「蹴りたい背中」が芥川賞に選ばれたのは大きな話題となった。
しかも、同時受賞が「蛇にピアス」の金原ひとみ。こちらも当時20歳。

サガンと比較する私がおかしいのかもしれない。
だが「蹴りたい背中」と「蛇にピアス」は今後も多くの読者に読み継がれるだろうか。


こうした驚きがあるからこそ、たまには古典を読むべきだと反省する。
この世にはすごい作品が多くあるものだ。
(気がつくのが遅すぎ!と再び反省)

追記

そういえば、「きことわ」で第144回芥川賞の朝吹真理子。
彼女から見て、朝吹登水子は大叔母なのだという。
(兄の孫娘という関係)

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。






posted by りゅうちゃんミストラル at 17:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悲しみよ こんにちは 読んでみたいです。
才能ある小説家は 年齢が 若く 世にでるのかなぁ
Posted by 村石太ボーイ at 2011年10月29日 11:49
村石太ボーイさん、こんにちは。
各記事の終わりにも書いてありますが、まず挨拶しましょう。

サガンの才能については私だけでなく、多くの人が認めるところです。

ですが、若くして成功した人はその後が大変です。
サガンも晩年はいろいろとありましたから。
Posted by りゅうちゃん(管理人) at 2011年11月10日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。