2011年06月27日

「パラレル」長嶋有

長嶋有の作品を読むのは、芥川賞受賞作「猛スピードで母は」以来。
初の長篇小説なのだそうだ。
   
【送料無料】パラレル

【送料無料】パラレル
価格:530円(税込、送料別)


登場人物は主人公の七郎と津田。二人は大学で知り合った。
そして七郎の元妻と、キャバクラ嬢のサオリ。

ゲーム作家の七郎は意見の相違から会社を退職。
そのタイミングで、妻が浮気する。

別居から離婚へ進む二人。
この奥さんは、何をどうしたいのかがまったくわからない。

別居状態でも仲がいい二人。
でも一緒に離婚届を出す際には、この奥さんが落涙。

この状態で仲がいい二人は、果たして幸せなのか。
それとも不幸なのか。


キャバクラに通う津田は、顔面至上主義を自負している。
父親の事業失敗で大学を中退。その後、社長となるが・・・。

現在と過去を交互に描く(カットバック)で、物語が深くなっている。
話が切り替わる度、読者は「ああそうか」と納得する。

私は七郎と津田のどちらにも感情移入しなかった。
20代から30代の日常を描く、地味な小説。

いかにも芥川賞受賞作家による「ドラマチックでない作品」。
その反面、アマゾンなどネットでの評価は何故か高い。

「濃い作品」であることは確か。
再読した時には、別の感想になるのだろう。

途中に出てくるアイルトン・セナの死についてはよく覚えている。
あれは94年、第3戦サンマリノGPでの出来事だった。

このレースでは、予選でラッツェンバーガーが事故死。
「音速の貴公子」セナもタンブレロコーナーで事故のため亡くなった。

もちろん深夜のF1中継も見ていた。
偉大なる男の死は、大きな喪失感を世界中にもたらした。


私はハードカバーの方を読んだ。
文庫本のデザインは、どうも好きになれない。

***********************
関連記事

『パラレル』 長嶋有 

↑「ジャージの二人」との関連について指摘している。
そのうちに読まなければ。

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 09:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212056683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック