2011年06月14日

自殺した酪農家、遺書に「原発なければ」

福島県相馬市で酪農を営んでいた50代の男性が自殺した。
遺書には「原発さえなければ」とあった。

   紫陽花

相馬の酪農家自殺、「原発なければ」と書き残し(読売新聞)  

「原発さえなければ…」酪農家の男性自殺か 福島・相馬(asahi.com)

この男性は、原発事故で加工前牛乳が出荷停止に。
搾乳しては捨てていた毎日だったという。
その牛約30頭も処分した。

小屋には、こんなメッセージがチョークで残されていた。

「仕事する気力をなくしました」
「残った酪農家は原発にまけないで」

(上記、読売新聞の記事から引用)

原発事故のために、酪農が続けられなくなった男性。
記事からは、苦悩の末の自殺だったことがわかる。

我々が知らないだけで、原発事故があることで起きる悲劇は多いのだろう。
それでもまだ原発を維持するというのか。

原発があることで起きた悲劇だ

これでは冥福も祈れない


***********************
関連記事

闘わぬ人たちへ〜自殺者出てしまってまだ原発推進ですか?  

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。






posted by りゅうちゃんミストラル at 09:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

相馬の酪農家 自殺!
Excerpt: 相馬の酪農家自殺、「原発なければ」と書き残し(読売新聞) - goo ニュース 何とも気の毒な話ですね。 大震災や原発事故絡みで自殺された方はこの件が初めてでは無かったと思いますが改めてお気の毒に思..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2011-06-14 10:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。