2011年06月11日

「鷺と雪」北村薫

ベッキーさんシリーズの第三弾。
北村薫はこの「鷺と雪」で直木賞をやっと受賞した。
(この記事ネタばれあり)
   
【送料無料】鷺と雪

【送料無料】鷺と雪
価格:1,470円(税込、送料別)


最初に断っておくと、私はベッキーさんシリーズを初めて読む。
北村ファンからすると、それはとんでもないことなのかもしれない。
だがこの作品から北村の作品を読み始める読者もいるはず。

この本は、以下の3作品から成り立っている。
貴族の生活を抜けて失踪した男を捜す「不在の父」。
中学受験を控えた少年とライオンの接点をめぐる「獅子と地下鉄」。
そして「鷺と雪」はドッペルゲンガーの謎に挑む。

「不在の父」は、実際にあった男爵失踪事件をもとに書かれている。
滝沢子爵はどうやって屋敷を出ることができたのか。
そして失踪の理由は何なのか。

北村の作家としての真価が問われるのは、滝沢子爵の妻をどう表現したか。
軽井沢行きの列車でのエピソードは読んでいて痛い。
貴族には貴族の悩みがあるものなんだなあ。平民でよかった。

「獅子と地下鉄」では、獅子にまたがる受験生の話が出る。
願掛けで実際にそんなことをするとは知らなかった。
知恵をつかさどる文殊菩薩が獅子に乗っているのも知らなかった。

「鷺と雪」では、台湾にいるはずの婚約者が写真に写っていた。
それを見た小松千枝子から相談を受ける英子。

巻末を読めばわかるが、北村はこの作品を書くために多くの資料を読んでいる。
3作品に共通する不吉な予感をブッポウソウが予感させる。

少しだけ登場する女性飛行士のアメリア・イアハート
彼女は世界一周飛行の途中で行方不明になっている。

日本ではあまり知られていないが、彼女は行方不明となることで伝説になった。
「星の王子さま」で知られるサン・テグジュペリのようだ。
(サン・テグジュペリは、乗っていた飛行機が1998年になって発見された)


話が脱線した。

あくまで真相を明らかにするのは花村英子の役目。
ベッキーさん(別宮みつ子)はそんな彼女を見守る。

本業の運転士だけではなく、時には拳銃を手にして。
真相と謎の背景を、豊富な知識で表現する。


昭和11年2月に何が起きたのか。
「騒擾ゆき」ですぐに気がつくべきだった。

英子や彼女の家族はその後の戦災でどうなったのだろう。
2.26事件といえば有名なのが宮部みゆき「蒲生邸事件」。

北村は、当然この作品を読んでいるはず。
どの程度影響されたのか、訊いてみたいものだ。


直木賞受賞について

「なぜこの作品が・・・」という意見を、ネットの書評でも多く見かける。
私もその点は気にかかる。

だが、「直木賞受賞作がその時点での代表作でない」のは今回に限らない。
東野圭吾が受賞した「容疑者Xの献身」は受賞作にふさわしいか。
重松清の「ビタミンF」、宮部みゆきの「理由」もそうだ。

「これで受賞の逃したら、北村薫は直木賞に縁がなかった」
それを回避するための「特別賞」という気がする。
もちろん、「特別賞」にも意味はあるのだけれど。

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 09:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209103254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「鷺と雪」北村薫
Excerpt: 帝都に忍び寄る不穏な足音。良家の令嬢・英子の目に、時代はどう映るのか。 昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。 第141回直木賞受賞作品。 華族主人の失踪の謎を解く「不在の父」、補導さ..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2013-02-15 14:51