2011年06月08日

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の出世作、「ラッシュライフ」を読んだ。
   
【送料無料】ラッシュライフ

【送料無料】ラッシュライフ
価格:660円(税込、送料別)


複数の登場人物が、別々の物語をほぼ同時に進行させる。
(まったくの同時ではなく、時間軸に多少のずれがある)
だが、話が進むにつれてそれらの話が複雑に絡み合う。

成功した裕福な画商、戸田と新幹線で移動する志奈子。
戸田は金で何でも買えると考えている。

仲間を作らず、ひとりで活動する黒澤。
佐々岡とは大学時代の同級生。

新興宗教団体で教祖的存在の高橋を解剖しようとする塚本。
河原崎はその計画に参加する。

カウンセラーの京子と不倫相手のプロサッカー選手、青山。
リストラされ、再就職でも40連敗という豊田。


こうした構成で小説を成り立たせる。
作家としての能力が問われる。

伊坂の能力は高い。それは認めよう。
だが、この作品にしろ「ゴールデンスランバー」にしろ、絶賛すべき内容とは思えない。

「伊坂は、もっと質の高い作品を出せるはず」と思いつつ厳しい評価をする。
私にはそれが当然のことだと考える。

***********************
関連記事

※この作品も、2011年になって読んだ。
そのため、古いブログ記事にトラックバックを送ることをご了承ください。

『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎

『ラッシュライフ』 解体。(ネタバレ記事です。読了後にお読み下さい!!)

ラッシュライフ  伊坂幸太郎

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

ラッシュライフ<伊坂幸太郎>−(本:2007年91冊目)−

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 09:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎
Excerpt: ラッシュライフ 伊坂 幸太郎 「お金で買えないものはないと思っている画廊経営者の戸田と買われた画家の志奈子」「泥棒の黒澤」「新興宗教の幹部の塚本に『神を解体しよう」と持ちかけられる河原..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2011-06-08 21:19

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』
Excerpt: ラッシュライフ (新潮文庫)伊坂 幸太郎新潮社 今回は、伊坂幸太郎『ラッシュライフ』を紹介します。本書は群像劇でシュールな世界だなとは思いますが、それだけしかないですよね。そんなに面白いかなという印..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-06-24 18:30