2011年05月26日

「風が強く吹いている」三浦しをん

駅伝の世界を描いた「風が強く吹いている」。
読んでいるうちに何度も泣いた、素晴らしい小説だ。
   
【送料無料】風が強く吹いている

【送料無料】風が強く吹いている
価格:860円(税込、送料別)


この作品、以前から評判だったがなかなか読めなかった。
読み終わった今は、この作品を読まずに死ななくてよかった。
素直にそう感じる。

抜群のセンスを持ちながら、高校で陸上に挫折した蔵原走。
万引きの後、逃走中に声をかけられる。
それが清瀬灰二(ハイジ)だった。ハイジもケガにより陸上を挫折した過去がある。

この2人を中心に、無名の寛政大学が箱根駅伝出場を目指す。
しかもそのメンバー10人はほとんどが陸上経験なし。

話としては、「青が散る」(宮本輝)に近いものがある。
テニスと駅伝の違いこそあるが。

最初の銭湯の場面は、正直リアリティーがなかった。
熱い湯を張った銭湯では、水で温度を下げることが罪のような感覚。
これは、作者が銭湯での「男の世界」を知らないからに違いない。

ところがその先は、約500ページと厚い小説ながら飽きがこない。
走のツッコミで笑うこともなく、何度となく涙が出た。

「こんなのあるわけない」と思う人がいたなら、それは仕方ない。
だが、その人はどこで感動するのか。

しかも上武大などの新興勢力の活躍は、本作品に近い世界。
本作品の設定を、安易にバカにはできない。

昭和記念公園を舞台にした予選会の激闘。
10人目に吐きながらゴールした王子。
寛政大は下位ながらも箱根への切符を手にする。

結果発表までの緊張感とインカレポイントの意味。
留学生の存在をどう考えるか。メンバー登録での各大学の戦略。

ランナーの孤独と襷の継続。
この作品を読んだら、予選会や正月の中継も一味違った楽しみ方になる。

箱根での戦いは苦しみの連続。
1区で王子がビリになるが、2区でムサがやや盛り返す。

風邪で体調不良の神童は5区。
復路繰り上げスタートが決まりながらもゴールにたどり着く。
「リタイアはしないだろ」と思いながらも読んでいてハラハラした。

6区は司法試験合格のユキ。
山下りの途中で、母親と年齢の離れた妹。

そして母親の再婚相手が声援を送る。それに気がついてびっくり。
駅伝は、どのランナーにもドラマがある。
10人のランナーそれぞれを描く作家の力量に感心する。

ニコチャンとキングがつないでエースの走が9区。
優勝候補である六道大学主将、藤岡が作ったばかりの区間記録を更新する。

だが、それでも寛政大学のシード権獲得には届かない。
残りの10区で右足に爆弾を抱えたハイジが懸命の力走を見せる。

そして感動の大手町でのゴール。
何かと因縁のあった東体大に2秒勝ってシード権獲得。

このシーンを電車に乗りながら読んでいたら。
周りの目に関係なく大泣きしてしまっただろう。

「なぜ走るか」という問い。
この答えを出すため、今日も多くのランナーが箱根目指して走っている。

何度も書く。
この作品を読まずに死ななくてよかった。
そのくらい感動した。

追記

以前、日本代表と早稲田ラグビー部の監督だった大西鐡之祐の本を読んだ。
体格で劣るチームを、どうやって勝たせるか。
指導者はそのためにいろんな作戦を考える。

フルバックをライン参加させる「カンペイ」。
スクラムでの不利を補うダイレクトフッキング。ショートラインアウトなど。

伝統に勝つ「新しいやり方」は不可能ではない。
そういえば大西も理論家なのに「ホラ吹き」と呼ばれたことが何度もあった。
ハイジもその意味で監督向きの性格かもしれない。

***********************
関連記事

三浦しをん/「風が強く吹いている」/新潮社刊

風が強く吹いている(三浦しをん)

三浦しをん『風が強く吹いている』

風が強く吹いている 三浦しをん 新潮社  

「風が強く吹いている」  

『風が強く吹いている』三浦しをん  

「風が強く吹いている」三浦しをん

473「風が強く吹いている」 三浦しをん 〈図〉

『風が強く吹いている』/三浦しをん

風が強く吹いている 三浦しをん

風が強く吹いている(三浦しをん)

三浦しをん「風が強く吹いている」(新潮社)

「風が強く吹いている」三浦しをん

風が強く吹いている

走るの好きか? – 『風が強く吹いている』  

【書評】 風が強く吹いている

三浦しをん「風が強く吹いている」

風が強く吹いている...三浦しをん。

「風が強く吹いている」 三浦しをん

#2011-004 「風が強く吹いている」三浦しをん 新潮社

『風が強く吹いている』三浦しをん著 そしてジョギング再開

風が強く吹いている/三浦しをん

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 10:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/204576535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「風が強く吹いている」
Excerpt: 今回ご紹介するのは、「風が強く吹いている」(著:三浦しをん)です。 多少ネタバレも含まれていますので、ご了承ください。 -----内容&感想----- 竹青荘に住む10人が、ゼロから箱根を目指す..
Weblog: 読書日和
Tracked: 2011-05-27 22:58

「風が強く吹いている」三浦しをん
Excerpt: 風が強く吹いている 三浦 しをん 寛政大学4年の清瀬灰二は肌寒い三月、すばらしい「走り」で万引きしたお店から逃げていく蔵原走に出くわし、自転車で追いかける。運命の人に出会ったのだ。 ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2011-05-28 21:25

『風が強く吹いている』三浦しをん
Excerpt: 風が強く吹いている 三浦しをん/新潮社 奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために..
Weblog: ひなたでゆるり
Tracked: 2011-06-02 15:58

『風が強く吹いている』三浦しをん
Excerpt: 三浦しをん著『風が強く吹いている』新潮文庫、を読みました。 素人集団の寛政大学陸上部が箱根駅伝を目指すという物語です。 あり得ないと思いながらも、おもしろく読みました。 寛政大リーダーの清瀬(ハイ..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2014-12-25 22:20