2011年05月16日

スイス、安楽死と自殺ツーリズムを継続

スイスで15日に行われた安楽死に関する住民投票。
安楽死と、海外からの「自殺ツーリズム」継続が決まった。

   紫陽花(あじさい)

スイス住民投票で安楽死の維持決定、「自殺ツーリズム」も継続へ(ロイター)  

上記ロイターの記事によると。
安楽死の禁止に賛成票を投じたのはわずか15.5%だけ。
外国人の安楽死受け入れを禁止すべきとした人も約22%と少数派。

安楽死に関する考え方は、国によって異なる。
同じ調査を日本で行った場合、大きく違った数字になるに違いない。

スイスでは1941年から医師以外で利害関係のない人の手による自殺ほう助を認めている。
チューリヒでは毎年200人近くが自らの意思で命を絶っている。

キリスト教では自殺を認めない。
スイスはカトリックの割合がプロテスタントより高い。

スイスの宗教の現状

↑このページによると、カトリックが41.8%とプロテスタント(35.3%)より多い。
にもかかわらず、安楽死を認めているのはとても興味深い。

人工中絶問題でキリスト教、特にカトリックは強く反発。
中絶を実行する医師を殺した事件さえ起きている。

中絶医、教会で殺害される

中絶と自殺は違うということなのだろう。
アメリカとスイスの違いももちろんある。

調査が02年と古い数字であること。
そして「キリスト教だけど教会離れしている」人が最近は多い。
これも影響しているのか。

さらに検索してみると、日本同様スイスでも自殺が社会問題となっている。

ストップ、自殺   自殺が多発するスイス

2010年の自殺統計は以下のとおり。

自殺率の国際比較

私はスイスに行ったこともない。
だからこそ、日本をスイスを単純比較はできない。

この件で思い出すのは「移植ツーリズム」のこと。
日本国内では臓器移植への道が厳しいため、海外で移植を希望する人は多い。
この件では何度もブログ記事にした。

米国の病院、心臓病の2歳児拒否

臓器移植での渡航自粛へWHOで決議

臓器移植の場合は臓器の不足という問題があった。
だが、自殺ツーリズムは法律の問題が大きい。

08年に出た臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言
移植ツーリズムと同様に、「安楽死希望者は自国で」ということにはならないのだろうか。

さらに、治癒の可能性のない病気で苦痛避けるための安楽死と自殺。
両者を分けて考える必要があるのではないか?

自殺について言うのであれば、日本で自殺が犯罪にならない理由。
それは「自殺権説」と「自殺者無能力説」がある。

この説については以下の記事で書いた。

硫化水素自殺と松本人志の発言

自殺と「舞姫通信」(重松清)

スイスの件では以下の疑問が残る。

1、自分の生命は誰のものか
2、安楽死はどこまで認められるのか
3、「安楽死で困ったらスイス」という考えでいいものなのか

この問題、とても深くて一度では語れない。
今後も考えるべき大きなテーマ。

***********************
関連ページ

安楽死の功罪  

↑安楽死制度について、かなり踏み込んだ提言を行っている。
高齢化社会による悲惨な嘱託殺人の弊害は納得できる。

だが自殺者が出ることでの弊害を無くすため。
そして「誰でもいいから人を殺して死刑になりたかった」という凶悪犯。
これらのために安楽死があるというのは疑問が残る。

もし、日本で安楽死が制度化されたら。
「高齢者への世話が面倒だから」ということで安楽死を選択することが増えるだろう。

***********************


***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201524518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。