2011年04月28日

原発作業員、被曝上限撤廃の愚

事故を起こした福島第1原発での作業員について。
厚労省が年間被曝量の撤廃を検討しているという。

      目

最前線に迫る被曝上限…原発作業員確保が課題(読売新聞)

東日本大震災:福島第1原発事故 作業員年間50ミリシーベルトの上限撤廃を検討(毎日新聞)

現在の被曝量は年間50ミリシーベルトまで。
5年間で100ミリシーベルトの上限は維持するという。

このままでは作業員不足に陥るのは目に見えている。
それで年間被曝量上限撤廃とは本末転倒。

前にも書いたが、このルールを変える行為は間違っている。
これは、「困ったらルールを変えればいい」ということ。
ゲームで負けそうな時、ルールを変えるよう主張する困った少年。
それといい勝負かもしれない。

ルールを変えることと、それに慣れてしまうこと。
これが怖い。

将来、原発作業員に放射線の影響が健康面に出た時。
国は「放射線との因果関係はない」と言い張るのではないか。
今までの公害訴訟がそうだったように。

原発があるのは電力供給で多くの人の便利な生活を維持するため。
だが、原発作業員にとっては健康面での不安を残す年間被曝上限撤廃。
矛盾しまくりもいいところ。

地震も津波も原発事故も「想定外」。
なら被曝量も上限撤廃でいいのか。
その前に、大事なことを忘れていない?

年間被曝量上限撤廃は愚策でしかない

***********************
関連記事

資料 原発事故 59 東電、メディアはこう発表して欲しい  

↑「自動車で事故をおこせば死ぬが自動車をつくるなとは誰もいわないではないか」
この話は私も何かで読んだ。

こちらの記事でも書いているが、放射線障害は何十年後にやって来るかもしれない。
原発と自動車を単純に比較することは意味がない。

似たような話に年間3万人の自殺者がある。
福島原発事故は「国難」だが、年間自殺者3万人を国難と言わない。というもの。

これも単純比較のくだらなさだ。
年間自殺者3万人は国難。
そう主張する人が少ないのは数字に慣れてしまっているから。

福島原発事故ではとても理解に苦しむ暴論がとても多い。
それは、多くの国民が原発事故について考えてこなかったから。
私はそう考える。


東京電力の女性社員の被曝から、政府の矛盾がよくわかる。

↑被曝の考え方について、詳しく語っている。
こうした記事をじっくり読んでみたい。

馬鹿じゃね?   被爆量上限なし!!!

↑素直で正直な反応。
被曝上限撤廃をおかしく思えなければ、それこそ異常。
どこか麻痺している。

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 09:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

資料 原発事故 61 全政治家に問う F1作業員募集
Excerpt:  ?四月二十五日にF1 (福島第一原発) の現場作業員の募集広告がでていました。月収   : 40万円就業時間: 8:00〜17:00 の間の 2時間程度休憩時間: なし原発復興作業..
Weblog: 木霊の宿る町
Tracked: 2011-04-29 15:46