2015年04月01日

ブログ休止のお知らせ

いろんな方に読んでいただいたこのブログ。
都合により休止することになりました。

   白

実は、PCが使えなくなりまして(泣)。
新しいのを買う予定も、今のところありません。

使えるのはタッチパネルの端末だけ。
今後は、mixiの日記だけ更新する予定です。

今までありがとうございました

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「闇の守り人」上橋菜穂子

生まれ故郷に帰ったバルサ。育ての父の汚名を晴らせるのか。
「精霊の守り人」に続く「守り人」シリーズ第2弾。

   黄色いユリ

女用心棒バルサは、皇子チャグムを守り抜いた。
その後、25年ぶりに故郷に戻ってきた。

洞窟を通ってカンバル王国に向かう途中、カッサとジナの兄妹を救う。
二人には口止めをしたバルサだったが、後にこのことが大人たちに知れる。

バルサの父カルナは、王ナグルの主治医だったが何者かに殺された。
短槍の名手ジグロに育てられたバルサ。

カンバルは貧しく、農耕に適さない土地が多い。
穀物は、<青光石>ルイシャを得ることで近隣の国から買っていた。

山の王を倒し、そのルイシャを独占して手に入れようとする陰謀があった。
バルサはカッサとともに、地底に向かう。
そこで二人を待っていたのは・・・・

***** **** ***** ****

長く続くこのシリーズ。
バルサは「誰かの用心棒」として、多くの場合は脇役。

しかし、この作品に関しては彼女こそ主役。
何故、女性のバルサが短槍を使うようになったのか。
過去の事件とともにそれが明らかになる。

カッサは傍系の家に生まれたので、短槍を使うのは戦争になった時だけ。
しかし、バルサは何人もの人を短槍で葬ってきた。
殺したくない場合でも、糊口をしのぐために人を殺すバルサ。

何気ないやり取りの中にも、作者のメッセージが込められている。
「誰も殺さない誇り」というのは、日本人だからこそ主張できるのではないか。

そして何より、「侵略して何かを奪う」というのは間違っている。
空想の物語にも、尊い教訓があるものだ。

***********************
関連記事

「闇の守り人」の正体 ―死人の残していくもの―  

バルサの過去が明らかに「闇の守り人」

『闇の守り人』 上橋菜穂子

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする