2015年03月03日

「運命の人(3)」山崎豊子

法廷での緊迫したやり取り。
報道姿勢を問われた裁判の結果は。

 

東京地裁の判断は三木に対して懲役6ヶ月、執行猶予1年。
弓成には無罪判決を出した。外務省の証言が不利に働き、弁護側の勝利。

三木については刑が確定。
このタイミングで、三木の手記が週刊誌に掲載される。

検察側は弓成の無罪を不服として控訴。
高裁では懲役4ヶ月、執行猶予1年の判決が出る。
逆転有罪判決だった。

弓成側は最高裁に上告。
しかし、上告棄却の判断が出て弓成の有罪が確定する。
しかも、5人の裁判官が一致という内容だった。

妻と別居し、生活の場を北九州に移していた弓成。
父親が興した青果販売会社を受け継ぐ。

しかし商売敵がシェアを奪ったことで経営が苦しくなる。
その商売敵が合併を申し出たが、弓成は断る。
結局会社は吸収された。

**** ***** **** *****

最初に書いたように、この巻では法廷でのやり取りが描かれる。
山崎が、いかに裁判記録をよく読んでいるかがよく分かる。

この裁判、もし無罪のままなら今後も取材側がやりたい放題。
そうでなくても刑事事件は一審の有罪率がほぼ100%。

検察はメンツもあるので控訴は当たり前。
それにしても一審の裁判官について、検察幹部は酷く貶していた(汗)。

法廷で何度も鋭い指摘をしていた大野木弁護士。
実際、西山事件では大野正男という名前で、最高裁判事にもなったキレ者。
西山記者が情報を渡した国会議員は横路孝弘と「爆弾男」こと楢崎弥之助。

西山元記者は、2013年に参院特別委員会で参考人として意見陳述した。
特定秘密保護法案を審議する場で、彼の言葉は必要だった。
この点からも、西山事件は現在に大きな影響を与えている。

裁判では有罪。しかも妻とは別居し子どもも離れていく弓成。
この先、何が描かれるのか。

というわけで第4巻に続く。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。