2015年02月18日

「不毛地帯2」山崎豊子

大きな犠牲を払いながら、自衛隊の戦闘機導入で火花を散らす壱岐。
元大本営参謀のビジネスマン壱岐が活躍する、白熱の第二巻。

 

近畿商事の大門社長は渡米。壱岐も同行した。
大門の狙いは、自衛隊幹部を壱岐に会わせること。
予定は最初から仕組まれていた。

近畿商事の狙いは、F104だった。
壱岐はかつての同僚、川又空将補と再会する。

ライバルの東京商事は、グラント社製の戦闘機を売り込む。
東京商事の鮫島は手強い。何より総理がグラント社に入れ込んでいた。

近畿商事は情報リーク作戦を採用。
うまくいきかけたが、東京商事もリーク合戦に参加。

タイミングが悪く、パイロットが死亡したF104墜落事故が起きる。
新聞記者も危険性を鋭く指摘する。

情報を近畿商事に流した芦田。
小出も逮捕され、壱岐も取調べを受ける。

川又は、近畿商事から便宜を受けたとして左遷される。
これに反発し、自殺する川又。

川又が死ぬ数時間前、壱岐の家に来ていた。
そのことを悔やむ壱岐。

最終的に、F104が採用されることが決まった。
壱岐は大いに悩んだ。

この後、常務にまで昇進する壱岐。
昭和40年代に入り、中東情勢が緊迫化。
壱岐はここでも参謀役として活躍する。

イスラエルが短期で勝つと予想した。
壱岐の予想は当たり、大儲けする近畿商事。

しかし壱岐は里井副社長との仲が険悪に。
今後、この不仲がどう展開するのか。

**** ***** **** *****

大阪商人が、タダでアメリカに行かせてくれるわけがない。
壱岐も鈍い。VIP待遇でヘリまで用意する意味を少しは考えろよ。

次期支援戦闘機で思い出すのが、ロッキード事件。
報道されないが、政治や商取引で死人が出ているケースは多いのだろう。

秋津中将の娘、千里との仲はどうなるのか。
壱岐の娘と鮫島の息子も関係が気になる。

現代史の勉強にもなる作品。壱岐の行くところ、暗雲ばかりだ。
小出の再登場もありそうだ。

というわけで第三巻に続く。

書評(作家別一覧)

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イモムシなネコ

癒される動画を紹介。

 

おまけ

 

 

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。