2015年02月07日

ローソンストア100、約260店を閉鎖

100円コンビニ「ローソンストア100」の多くが閉鎖される。
私は頼りにしていたので残念。

 

100円ローソン、なぜ通用しなくなったのか(東洋経済)

この店、「SHOP99」を買収し、ローソンストア100として拡大してきた。
生鮮食品を扱う100円ショップとしてファンも多い。

他の店では108円で買えないカップ麺など、私は好きなんだけど。
しかも24時間営業。

イオンの「まいばすけっと」が拡大しているというが、近くにはない。
デフレによる低価格競争にローソンは負けたということなのか。
別の店にして、儲かるようになるのかなあ。

とても残念!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「白い巨塔2」山崎豊子

教授選挙の結果は?
その後、財前はどうなるのか。

 

教授選が始まった。
候補者は財前の他に東が推す菊川と葛西。

東は投票権を持っているものの棄権する。最初の投票で、葛西が落ちる。
財前と菊川で決選投票を行うことに。

両陣営は、金と権力を用いて多数派工作を仕掛ける。
ドロドロの戦いが醜く描かれる。

そして決選投票では2票差で財前が勝つ。
がっくりと肩を落とす東。

教授となった財前に、国際学会から招待状が届く。
食道ガンの権威としてドイツでの講演を求められた。

学会に向け忙しい中、佐々木という患者について里美から相談を受けた財前。
胃ガンなのか、それとも胃炎か、内科助教授の里見は判断に悩む。
財前は鋭く胃ガンであると見抜く。

回診の際、佐々木の担当医である柳原から断層撮影を求められる。
しかし財前はこの申し出を必要なしと判断。
里見に注意されても断層撮影を行わなかった。

ドイツに出発する財前。
病院では佐々木が呼吸困難と高熱に苦しんでいた。

**** ***** **** *****

優れた技術を持ちながら、傲慢な財前。
教授選でも患者は置き去りにされている。

有名な作品なので、この先どうなるか私は知っている。
この後、佐々木の治療について大きな問題となる。
柳原が大きなポイント。

第三巻に続く。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。