2015年02月06日

名古屋モスクに嫌がらせ相次ぐ 

人質殺害事件があったからといって、「イスラム憎し」は間違っている。
名古屋のモスクに嫌がらせが相次いでいるという。

 
 ↑東京にあるモスクはこんな感じ

名古屋モスク:脅迫・嫌がらせ 「後藤さん人質」で相次ぐ(毎日新聞)

日本に暮らすイスラム教徒は我々の仲間。
そもそもテロ事件を起こすような奴らは、イスラム教徒でほんの一部。

人質殺害を賛美しない限り、彼らは批判の対象ですらない。
新たな憎しみを生み出すような行為は、厳に慎むべき。

日本人のひとりとして恥ずかしい

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ダ・ヴィンチ・コード(上)」ダン・ブラウン

ルーブル美術館の館長が殺された。
ラングドン教授は、事件に隠された背景を見つけることができるのか。

 

講演のため、パリに来ていたラングドン。
ホテルで寝ているところを起こされた。

その夜、約束していたソニエール館長が殺されたという。
現場のルーブルでは、謎の暗号があった。

ファーシュ警部はラングドンを容疑者としてみていた。
現場に現れたのは、暗号解読官のソフィー。
彼女はソニエールの孫だった。
ラングドンは、ソフィーとともにルーブルを出る。

平行してオプス・デイの僧シラスがキーストーンを探す。
二つはどこで重なるのか。

**** ***** **** *****

天使と悪魔」に続く、ラングドンシリーズ第二弾。
シオン修道会テンプル騎士団、そしてオプス・デイ

今回もラングドンの知識が事件を解決するか。
暗号はアナグラムとシンプル。

黄金比の話はとても興味がある。
インテリジェント・デザインとも、大きな関連を持つ。

というわけで中に続く。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。