2015年02月05日

「白い巨塔1」山崎豊子

大学医学部の内部を描いた力作。
恥ずかしながら初めて読んだ。

 

舞台は大阪の浪速大学医学部。
第一外科の財前五郎助教授は、食道ガンの手術で知られる。

教授の座を狙っていた。
現在の東教授は来年に退官する。

だが、二人の仲は険悪に。
東は出身の東都大学から教授を推薦してもらうことに。

医局では財前支持で固まる。
財前を養子として迎えた父、又一は産婦人科医。
教授選挙に向けて経済的援助を惜しまない。

**** ***** **** *****

ドラマは見ているので、内容はよく知っている。
だが、改めて読んでみると再発見したことが多い。

東には長男がいたものの病死していること。
里見の妻は父親が名古屋大学の医学部長であること。

それにしてもこの作家、作品はどれも力作。
今まで「大地の子」「沈まぬ太陽」などを読んだ。

選挙の結果とその後の財前。
知ってはいるもののどう表現されているか気になる。

というわけで第二巻に続く。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゃべるねこ

ネコがしゃべる?

 

おまけ

 

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


タグ:ネコ
posted by りゅうちゃんミストラル at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。