2015年01月29日

イスラム国人質、後藤さん生還への道筋

過激派「イスラム国」の人質となった後藤健二さん。
生還にはヨルダン政府の協力が不可欠だ。

 

パイロットと交換で死刑囚釈放の用意…ヨルダン(読売新聞)

イスラム国が求めているのはサジダ・リシャウィ死刑囚の開放。
現在、ヨルダンで拘束中。

24時間以内に開放しない場合、ヨルダン軍パイロットのムアズ・カサースベ氏。
そして後藤さんを殺害すると予告。
ヨルダン側は、情報相がカサースベ氏と死刑囚の引き換えがありうると述べた。

水面下でいろんな交渉が進んでいることだろう。
後藤さんの解放を願う、祈る。

  I am KENJI

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:後藤健二
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天使と悪魔(上)」ダン・ブラウン

スイスの研究機関から、反物質が盗まれた。ラングドン教授がヴァチカンに飛ぶ。
映画にもなった人気シリーズ第一弾。

 

研究施設内で物理学者が何者かに惨殺された。
アメリカ人教授がスイスに呼ばれた。

殺された科学者は司教でもあった。
同じく研究者の養女ヴィットリアとともに、反物質を取り出すことに成功。

しかし、反物質は大量破壊兵器にもなる。
厳重なはずの施設から盗まれた。
犯人は反カトリックの秘密結社イルミナティを名乗っていた。

物理学者は目をくり抜かれていた。
研究者の網膜による認証が破られたのだ。

ラングドンとヴィットリアが向かったヴァチカン。
そこでは、新教皇を選ぶコンクラーベが行われようとしていた。

**** ***** **** *****

宗教と科学は仲が悪い。
進化論と創造論、天文学でもそれは同じ。

地動説を捨てなかったブルーノは、火炙りになった。
作品でも紹介されているように、アメリカでは思うように進化論を教えられない。

パリでのテロや、イスラム国による日本人殺害など、イスラムは危険視されやすい。
しかし、キリスト教でも原理主義者は危険だ。

この作品、全3巻だが読むのに時間はかからない。
宗教と科学がテーマということでいろんなことを考えてしまうが、軽く読める。

人気のシリーズでも、10年を過ぎれば図書館で余裕に借りられる。
こうした「周回遅れの読書」は結構楽しい。

ただ、当然デメリットはある。
ネタを何かのきっかけで知ってしまうことがある。

というわけで、(中)に続く。

***********************
関連記事

天使と悪魔 / ダン・ブラウン

「天使と悪魔」ダン・ブラウン

物理学者とともに読む 「天使と悪魔」の虚と実 50のポイント

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする