2015年01月16日

イスラム風刺画を掲載すべきか?

シャルリー・エブド襲撃事件は、風刺画の是非について考えるきっかけ。
日本の各新聞はどう解釈したのか。

   目

「涙のムハンマド」載せるか…日本の新聞、判断分かれる(朝日新聞デジタル)

前にも書いたが、イスラム社会では「風刺」ではなく「侮辱」。
そう判断されるという。

誰かが嫌がるのであれば、その嫌がる人を尊重するべきではないか。
私はそう考えている。

フランスの反テロデモを見ると、「革命で共和制を選択した国」という点が分かる。
これも前に書いたが、日本ではこの規模のデモは起きない。

決して間違ってはいけないことがある。
今回のテロ事件と、その背景にある風刺画問題は「対岸の火事」ではない。

こんな事件も日本では起きている。
2001年のことだ。

コーランはなぜ破棄されたか

宗教に対する無理解は、むしろ日本のほうが酷いのではないか。
ネットで検索すると、こんな質問さえある。

コーランを燃やした位でイスラム教徒は本当に怒るのでしょうか?

他人の大切にしているものを踏みにじる。
それがいかに深い恨みとなるか。どれだけの人が理解しているだろう。

フランシスコ法王は風刺画について、「他者の信仰を侮辱してはならない」と述べている。

フランシスコ法王「表現の自由にも限度」 物議の「風刺画」に言及(j-cast)

私はカトリックが嫌いだ。しかし、法王の意見には賛成する。
自由には、相手を尊重する姿勢が求められるのではないか。

私は今回の事件が、「表現の自由」ということだけで論じられるのを理解できない。
足を踏んだ側と踏まれた側。

まず、どちらが先に足を踏んだのか。
それをはっきりさせなければ、問題解決にはならないはず。

というわけで、この記事には風刺画を載せない。
風刺画を掲載することが拡散になってしまうからだ。

この問題、あなたはどう考えますか?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。