2015年01月15日

「武士道セブンティーン」誉田哲也

磯山と西荻(甲本、河本)のその後はどうなったか。
「武士道シックスティーン」の続き。

 

福岡に引っ越した西荻(甲本、河本)早苗。
強豪の福岡南に。

東松の磯山には、剣道を続けないと言ってしまう。
転入先どころか、住所も教えない。

福岡南には、黒岩という上段を使う長身の選手がいた。
早苗と仲良くなった彼女は、剣道をスポーツとして解釈。
勝つためには手段を選ばない。試合でパンチさえ用いる。

早苗は、そんなやり方に疑問を持つ。
福岡南の持つ、独特の空気にもなじめない。

一方の磯山。2年生となった彼女にも後輩ができる。
特に、中学から稽古を指導してきた田原から懐かれる。

インターハイで、磯山は個人三位。
早苗は団体戦メンバーに入り、優勝する。

しかし早苗の心は曇ったまま。
早苗が団体戦のメンバーに入ったのは、 黒岩の推しがあったから。

磯山が決勝で負けた全中大会で優勝したのは黒岩。
高校での対戦を予想して、「磯山対策」での起用だった。

父親の都合で、東京に来ることになった早苗。
東松への復帰を願う。

しかし磯山からは「黒岩の首」を土産にしなければダメだと言われる。
太宰府天満宮での血統を決意する早苗。

磯山も、清水を不良から救ったことでピンチに。
警察官の父親も、痴話ケンカを止めるため、意識不明の大ケガを負う。

**** ***** **** *****

競技スポーツか、武士道か。磯山と早苗は悩み、答を出す。
その姿こそ、まさしく青春物語。私にはとてもまぶしい。

果たし状を書くのに、ネットで情報を得る早苗。
しかも便箋を探すと、テディ・ベアとニャンコが見つかる。
他にも、笑える場面が多い。

ピンチの磯山が放った、この科白が秀逸。

「あたしには縁のない危険が、あの子には降りかかる可能性がある」
(文庫P362より引用)

続く「武士道エイティーン」で、二人はどこで対戦するのか。
黒岩はどう絡んでくるのか。

桐谷の過去と、吉野の武勇伝が描かれるという。
近い将来、読むことになるだろう。

追記  女の子なんだから、「チンコ」って言うなよ磯山選手!

***********************
関連記事

「武士道セブンティーン」誉田哲也  

「武士道セブンティーン」誉田哲也

武道としての剣道

本「武士道セブンティーン」  

武士道セブンティーン(誉田哲也)

武士道セブンティーン 誉田哲也

『武士道セブンティーン』/誉田哲也 ◎

武士道セブンティーン  誉田哲也  

武士道セブンティーン(誉田哲也)

『武士道セブンティーン』誉田哲也

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする