2015年01月04日

箱根駅伝、青学が驚異的な記録で初優勝!

正月恒例の箱根駅伝は91回。
青山学院大が2位に10分以上もの差をつけて初めて優勝した。

 

箱根青学大初V 原監督、神野選手らの活躍祝う(読売新聞)

何といっても青学は安定感があった。
大きなブレーキがおらず、高いレベルでの走りを見せた。

そして何より4区と5区での区間賞が大きかった。
特に5区では「三代目山の神」こと神野が驚異的な記録で往路優勝を決めた。

彼は体重が43キロしかないという。
「2代目山の神」柏原は馬力で坂道を登っていた。
しかし神野は飛ぶようにして走る。いろんな選手がいるもんだ。

優勝候補の駒沢は、往路途中まで1位だったが失速。
山登りの5区で、馬場がブレーキになったのが痛かった。
馬場は3年。来年の箱根で借りを返してほしい。

3位は東洋大。
優勝した青学は異次元だったが、東洋は何かが足りなかった。

4位は明治大。66年ぶりの優勝はならなかった。
優勝経験したOBが沿道で応援している姿は歴史を感じさせる。

渡辺監督の退任が決まっていた早稲田は5位。往路から力不足が露呈。
「少しずつ足りない」という状況は、指導者として歯がゆかっただろう。

以下、東海、城西、中央学院、山梨学院と続く。
10位の大東大までがシード権獲得。
山梨学院は往路で苦しみながら、よく盛り返した。

おめでとう青学!

来年は追われる側に


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする