2014年12月02日

「大穴」ディック・フランシス

ケガで騎手生命を絶たれた男が調査員として復活する。
競馬シリーズでも人気のシッド・ハレーが登場。

 

障害レースのチャンピオンジョッキーだったシッド・ハレー。
蹄鉄で踏まれ、左手に大怪我を負う。

引退した彼はラドナー探偵社の調査員となった。
探偵社に罠を仕掛けたが、忍び込んできた男に撃たれる。
腹部の銃創で入院した。

妻とは別居。
ハレーは騎手として頂点を目指したいが、妻はパーティーに出かけたい。
この差が溝を作った。
義父とはチェスをきっかけにして仲が良くなる。

その義父から、シーベリィ競馬場の危機について話を聞いた。
クレイという鉱物の専門家が絡んでいるらしい。

だが証拠はなく、このままでは競馬場が住宅地になってしまう。
ハレーはこの危機を救うことができるのか。

**** ***** **** *****

義父の家に来たクレイ夫妻の悪意が凄まじい。
後半の拷問場面でも痛い描写が満載。

読むのにつらい作品だ。
しかし、痛みも作者のメッセージ。しっかり受け止めなくては。
銃撃を受けたことで、生き返る男もいるんだなあ。

もっとも大きな救い。
それは顔に大火傷の跡が残った秘書のザナ・マーティン。
ハレーがいなければ、彼女が変われなかったのは事実。

競馬シリーズは全部で44作品ある。
そのうち、複数の作品に出てくるのは2人だけ。
(もうひとりはキット・フィールディング)

シッド・ハレーは「大穴」以外、「利腕」「敵手」「再起」に出てくる。
古い作品なので、図書館で除籍(利用停止)にならないうちに読んでおくべきか。
この「大穴」も返却後は修理に回ることが決まっている。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のど自慢に新星現る!

この動画が話題となっている。
とにかく見て。

 

この方、伊丹美保子さんというらしい。
忘れないよう記録しておく。

「日本にはBritain's Got Talentが無い」と嘆くあなた。
のど自慢があるじゃないか。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。