2014年11月27日

参院選は違憲状態、最高裁

昨年7月に行われた参院選は「違憲状態」だった。
26日、最高裁の判断が示された。

 

昨年7月の参院選「違憲状態」…最高裁判決(読売新聞)

この選挙で1票の格差は最大4・77倍だった。
ただし、選挙無効の請求は棄却した。

国会の不作為はここでも明らかとなった。
訴えを起こした弁護士グループは「ガリレオ判決」だと訴えた。
地動説を主張したガリレオに今回の判決を見立てたものだ。

最高裁の大法廷判決は、15人の裁判官による合議制。
その中で、山本庸幸裁判官は選挙自体無効だと判断した。
この事実は重い。

ところで12月の衆院選挙では、最高裁裁判官の国民審査も行われる。
15人のうち、5人の判事は国民審査の対象となる。

<一票の格差判決>「選挙無効の意見を最高裁の裁判官が書いたのは初めて」原告が評価(弁護士ドットコム)

有権者は、どのように判断するだろうか。

違憲状態での選挙で選ばれた参院議員

本当に「良識の府」なのかと疑う


***********************
関連記事

13年参院選「違憲状態」!?  

<1票の格差>13年参院選は「違憲状態」…最高裁判断

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする