2014年11月11日

「デッド・ゾーン(下)」スティーブン・キング

超能力者となったジョン。
キャッスルロックで起きた連続女性殺人事件に挑む。

 

手足の関節手術を乗り越え苦しいリハビリ後、実家に戻ったジョン。
保安官ジョージ・バナーマンに協力することとなった。

医師がジョンのことを保安官に漏らしたためだ。
情報を流した医師に対し怒るジョン。雪の中、事件の核心に迫る。

フランク・ドットの最期については気持ち悪さが残った。
キングの作品には、よくこうした場面が描かれる。

150ページを過ぎて、やっとグレグ・スティルソンが絡んでくる。
「危険な人物」という認識を持ったジョン。グレグは下院議員選挙で当選する。

実家を出て、学習障害で苦しむ高校生チャックの家庭教師となったジョン。
ジョンを雇った紡績会社経営、ロジャーの選択は正しかった。

高校を無事卒業したチャックはジョンに最大級の感謝を述べる。
しかしジョンが彼に触れた瞬間、卒業パーティーの会場が雷で火災に遭うことを知る。

ジョンの予知により多くの人命が失われた。
だが自宅でパーティーを開いたチャックは命拾いした。

ロジャーから評価を得ていたジョン。
しかしグレッグ・スティルソンが後に大統領となり核戦争へ進むビジョンが見えた。

激しい頭痛の中、ライフルを購入しスティルソン暗殺を計画するジョン。
決行の日がやってきた。

***** **** ***** ****

作品の中で描かれた、「もし1932年に戻ったらヒットラーを殺すか?」。
私なら殺す。何だかサンデル教授の講義に出てきそうな話だ。

「リプレイ」(ケン・グリムウッド)でも、過去に戻った主人公が描かれた。
似たような苦悩の末、JFK暗殺を食い止めようとする。
核戦争が起きた後の世界については、「渚にて」(ネヴィル・シュート)が詳しい。

キャッスルロックはキングの作品によく出てくる架空の町。
「スタンド・バイ・ミー」でもおなじみ。
ジョージ・バナーマンは「クージョ」にも登場する。

超能力者の悩みや不幸を描くというのはキングらしいところ。
事実、人は排他的な行動を選択しがちだ。

映画は83年公開(日本語版は87年)。
主演はジョンがクリストファーウォーケン。
スティルソンはマーチン・シーン。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。