2014年10月08日

ノーベル物理学賞に中村氏、天野氏、赤崎氏選ばれる

今年のノーベル賞は、物理学賞で日本人3人が選ばれた。
受賞が決まったのは中村修二氏、天野浩氏、赤崎勇氏。

 

ノーベル賞:中村氏 研究の原動力は「怒り」(毎日新聞)

青色発光ダイオードは信号機などですでに使われている。
従来の製品より長持ちするということで、社会的に大きく貢献している。

以前からこの研究は、「ノーベル賞もの」と言われてきた。
それだけに今回の受賞が遅かったくらいだ。

以前、村上春樹の記事で書いたが、ノーベル賞は死ぬと受賞できない。
この間、3氏が亡くならなくてよかった。

STAP細胞で世間を騒がせただけに、日本の技術が認められたのは嬉しいこと。
賞金は約1億2千万円。
今回のように共同研究の場合は3人で分けることになる。

青色発光ダイオードの開発で知られる中村氏。
以前勤務していた日亜化学工業からは、ボーナス程度の金しか払われなかった。

怒りが彼の研究にとって原動力だったというのは皮肉。
今後、日本の頭脳が海外に出ないようにするため、企業側も考えなければならない。

ノーベル賞受賞おめでとうございます

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。