2014年10月14日

「空飛ぶ広報室」有川浩

有川が航空自衛隊広報を描く。
自衛隊の紹介と言うより、人間ドラマとして読んで損のない一冊。

 

28歳の時、交通事故でパイロット資格を失った空井二尉。
ブルーインパルスへの内示を受けていながらの挫折。六本木の広報室に異動する。

広報室にテレビ局の女性ディレクター、稲葉リカが来る。
彼女は警察担当記者から異動してきた。
自衛隊に理解はない。そのため質問にも情け容赦がない。

「戦闘機って人殺しの機会でしょう」というリカの発言にキレる空井。
鷺坂室長に「俺らの信条は専守防衛だからな」と言われる。

戦闘機が多くの人を殺せる平気なのは間違いのないこと。
だとしたら、「撃たない誇り」を強調すべきではないのか。
読んでいてそう感じた。

柚木三佐はオヤジの入った「残念な美人」。
槙三佐は防衛大、剣道部の後輩。

女性であるということで損をするのはどこの世界でもあること。
円形脱毛症になるほど悩むのは、人材の損失でもある。

片山と比嘉の関係も自衛隊以外に多くある。
こうした人間関係は「県庁おもてなし課」より描けている。
脇役の存在感が増すことで、作品の厚みは増す。

CMの件はあまりに酷い話。これじゃ自衛官が人ではないみたい。
自衛隊を毛嫌いしている人って多いんだなあ。

****** ***** *****

「あの日の松島」は、東日本大震災と自衛隊を描いている。
誰かが危険な場合、自衛隊は活動する。

当たり前だが、自衛官も血の通った人間で家族がいる。
このことは「右傾化」とか言わずに素直に読みたい。

私はこの作品を読んだ後でも自衛隊には大きな疑問がある。
法律上も不安定な立場であることは確か。
実際の広報室がその疑問にどう答えるか。期待したい。

***********************
関連記事

「空飛ぶ広報室」有川浩  

空飛ぶ広報室/有川浩

挫折と向き合う事・不運と向き合う事の意味 -有川浩「空飛ぶ広報室」感想-

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

台風19号九州に上陸、今後東日本へ

13日午前8時頃、強い台風19号は鹿児島県に上陸した。
今後、日本列島を縦断すると見られる。

 

九州ほぼ全域が暴風域に 台風19号、37人けが(asahi.com)

上記朝日の記事によると、九州のほぼ全域が風速25メートル以上の暴風域に入っている。
すでに沖縄などでケガ人が37人出ている。

台風接近を受けて、JR西日本では在来線全24線を運休させる。
午後4時から、車内に乗客を閉じ込めないための措置だ。

JR西:在来線全24線で運行取りやめ 13日午後4時〜(毎日新聞)

山陽、東海道新幹線についても、今後どうなるか分からない。
すべては台風の進路次第。

不要不急の外出は避けよう

今後も台風情報に注意!


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


タグ:台風19号
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

台風19号、日本縦断か?御嶽山捜索のタイムリミット

強い勢力で沖縄などに被害をもたらしている台風19号。
今後、西日本から東日本へと進路を取ると見られる。

 

台風19号、列島縦断の恐れ 勢力保ち九州上陸へ 沖縄や奄美で激しい雨(日経新聞)

不要不急の外出は避けること。
救助する側にも危険が及ぶということを我々は考えるべきだ。

そんな中、噴火の被害が出た御嶽山では不明者の捜索が続いている。

御嶽山に迫る台風・雪、捜索難航 噴火から2週間(asahi.com)

現地の方々も、自衛官や消防団員の努力を忘れているわけではない。
住民有志「王滝応援隊」が鍋を振舞った。中日新聞が報じている。

捜索隊員に鍋振る舞う 王滝の住民有志(中日新聞)

二次災害の危険がある中、タイムリミットまでにどれだけのことができるか。

がんばれ捜索隊!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


タグ:台風19号
posted by りゅうちゃんミストラル at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

ノーベル平和賞、17歳のマララさんに

今年のノーベル平和賞はカイラシュ・サトヤルティ氏とマララ・ユスフザイさんに決まった。
パキスタン出身の少女が受賞した意味は何か。

 

マララさんら2氏にノーベル平和賞 教育機会拡大の活動を評価(日経新聞)

昨年受賞するかと見られていたマララさん。
ブログなどで女性や子どもの教育権を訴え続けてきた。

彼女については、今まで何度も記事にしてきた。

OPCWにノーベル平和賞、マララさん受賞ならず   

マララさん、エリザベス女王と面会

反発も多く、12年にはTTP(パキスタンのタリバン運動)から銃撃され瀕死の重傷を負った。
今はイギリスに住んでいる。17歳での受賞はもちろん史上最年少。

彼女の受賞はとてもいいことだ。
会見で語っているように、インドとパキスタンの両国で受賞者が出たことは偶然だろうか。

両国には困っている人が多く存在している。
そして、正直のところ両国は核兵器開発でも証明されたように仲が悪い。

今回ノルウェーのノーベル賞委員会は妥当な判断をした。
だが、マララさんの出身地のパキスタンでは批判する意見すらある。

マララさん受賞、パキスタン国内に冷めた見方も(読売新聞)

「イスラム教に敬意を払っていない」
「西洋の指示に従った結果だ」

(赤字部分、上記読売の記事から引用)

何と考え方の狭い人たちだろう。
もし、イスラム教が女性と子どもの教育を否定しているのなら。

それは、イスラム教が間違っている。
ただ単にイスラムの解釈を間違っている人たちが多いだけではないのか。

全パキスタン私立学校連盟はマララさんの自伝を学校図書館に置くことを禁じている。
これは間違いなく表現の自由を侵害している。

17歳にして自伝を出していることも驚きだが、それを否定する考えにも驚く。
世界はまだまだ閉鎖されている。

マララさんは会見で、「これは始まりにすぎない」と話している。

マララさん「声聞かれるべき子たちへの賞」 平和賞会見(asahi.com)

イスラム世界には、彼女と同じく教育を受ける権利を欲する人たちがいるはず。
「声なき声」を無視することはできない。

私は信じている。
彼女の訴えが、今後イスラム社会に理解されるということを。

彼女は間違いなく時代のヒロイン。
しかし、ヒーローやヒロインが求められる時代というのは不幸でもある。

受賞は喜ばしいこと

しかし彼女の道は遠い


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

「きみ去りしのち」重松清

1年しか生きられなかった息子。
父親が想いを抱え、日本各地を旅する。

 

主人公はセキネ。息子の由紀也は夜中に突然心臓が止まった。
息子の死後、妻の洋子と2人でいることが苦しくてセキネは日本各地を旅する。

彼には別れた妻である美恵子と、15歳になる娘の明日香がいた。
明日香は彼の旅についてくる。

セキネの離婚は、DVや浮気が原因ではなかった。
ただ嫌いになったからという妻の側からの申し出だった。

恐山から奥尻島、流氷の町。
奈良やハワイ、出雲や与那国島、最後は島原に行く。

元妻はガンにかかった。そして再発する。
南の島にあるホスピスで一生を終える元妻。

話はここで終わらない。
彼女の死後、島原で精霊流しを行うことに。
そこでも悲しい別れがあった。

***** **** ***** ****

人の死という点で言うなら、「その日のまえに」「カシオペアの丘で」に通じる。
セキネが各地で出会う人たちは、誰かを失った悲しい思い出を持っている。
「悼む人」(天童荒太)にも通じる部分が多い作品でもある。

流氷の場面では、老夫婦に絶景を見せたかった。
もちろんこの作品はフィクションだが、そう願わずに入られないところが重松の力量。

読者の多くは、震災で亡くなった人たちのことを思い出したに違いない。
私のそのひとりだ。

人は誰かを失った空間を何で埋めるか。
忘れることが供養や救いになるのだろうか。

ここにもまた、「再生と喪失」を描いた世界がある

***********************
関連記事

重松清『きみ去りしのち』  

重松清の『きみ去りしのち』を読んだ

重松清「きみ去りしのち」〜大切な人を失うことから立ち直るには?〜

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

産経前ソウル支局長を名誉毀損で起訴

産経新聞の前支局長が朴大統領に対する名誉毀損で在宅起訴された。
報道・表現の自由と名誉毀損はどちらが勝つのか。

 

産経・前ソウル支局長を在宅起訴 「大統領の名誉毀損」(日経新聞)

韓国検察、産経前支局長を名誉毀損罪で在宅起訴(読売新聞)

起訴されたのは、産経新聞ソウル支局の加藤達也氏。
コラムで朴槿恵大統領を中傷したとされる。

このコラムは4月に起きた客船沈没事故に関してのもの。
事故当日、朴大統領が元側近と会っていたというウワサを書いている。
両者が「不適切な男女関係」であるかのように書かれている点が名誉毀損に当たるとのこと。

起訴状によると、事故当日大統領は青瓦台の敷地内にいた。
つまり、男性と会っていたというのは間違っていると書かれている。

この点については、中央日報が報じているので紹介する。

検察、前産経ソウル支局長を起訴…「朴大統領は青瓦台にいた」(中央日報日本語版)

起訴に対し産経側は、報道の自由が損なわれたとして強く反発している。
果たして問題のコラムは事実に反しているのか。

日本政府は「深い憂慮」を韓国に対し表明した。

政府、韓国に「深い憂慮」伝達=産経前支局長起訴(時事通信)

検察が起訴に踏み切ったということは、有罪にする自信があるということ。
公判を維持できない場合はメンツだけで起訴することは通常先進国ではありえない。

事故当日、大統領がどのような行動だったか。
警備担当者などの証言で明らかにできるはず。
この点は裁判で明確になるだろう。

海外の記者が起訴されるというのは極めて異例なこと。
感情抜きに、事実関係を冷静に判断してもらいたい。

この問題、私は個人的にも興味がある

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

ノーベル物理学賞に中村氏、天野氏、赤崎氏選ばれる

今年のノーベル賞は、物理学賞で日本人3人が選ばれた。
受賞が決まったのは中村修二氏、天野浩氏、赤崎勇氏。

 

ノーベル賞:中村氏 研究の原動力は「怒り」(毎日新聞)

青色発光ダイオードは信号機などですでに使われている。
従来の製品より長持ちするということで、社会的に大きく貢献している。

以前からこの研究は、「ノーベル賞もの」と言われてきた。
それだけに今回の受賞が遅かったくらいだ。

以前、村上春樹の記事で書いたが、ノーベル賞は死ぬと受賞できない。
この間、3氏が亡くならなくてよかった。

STAP細胞で世間を騒がせただけに、日本の技術が認められたのは嬉しいこと。
賞金は約1億2千万円。
今回のように共同研究の場合は3人で分けることになる。

青色発光ダイオードの開発で知られる中村氏。
以前勤務していた日亜化学工業からは、ボーナス程度の金しか払われなかった。

怒りが彼の研究にとって原動力だったというのは皮肉。
今後、日本の頭脳が海外に出ないようにするため、企業側も考えなければならない。

ノーベル賞受賞おめでとうございます

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

自殺の父親について考える<佐世保女子高生殺害>

佐世保で起きた、女子高生による同級生殺害事件。
5日、容疑者の父親が自宅で死亡した。自殺と見られる。

 

佐世保同級生殺害:容疑の少女の父が自宅で自殺か(毎日新聞)

この件については、以前以下の記事に書いた。

女子高生殺害事件、写真削除と実名の晒し

確かに自分の娘が同級生を殺せば世間から叩かれるのは当たり前。
だが、ネットで実名や写真まで出回るのはどう考えてもおかしい。

遺族に対しての補償は、今回の自殺によってより困難になっただろう。
いつか社会復帰する娘(現在鑑定留置中)を受け入れる体勢にも大きな問題が生じた。

この自殺について、ネット上ではこんな意見が見られる。

「自殺するのは卑怯」

この意見には一理ある。その一方で反論したくもなる。
「自分なら自殺なんかしない」と言い切れる人がどれだけいるか。

加害者となった少女の家庭は、確かに問題が多かった。
母親が病死し、弁護士の父親は再婚した。
娘は高校も不登校で、父親をバットで殴った事件さえ起こしている。

当たり前だが多くの人は娘が殺人者になったことはない。
自殺に追い込まれた人間のことなど考えない社会が形成されつつある。

自殺に追い込んだのは今の社会が原因のひとつではないのか。
私はそのことを忘れずにいたい。

今後も凄惨な事件が起きる度、家族の実名や顔写真が晒されるのか。
そう考えただけでため息が出る。

事件の闇を深くしているのは誰だ?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


タグ:佐世保
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

奇跡の駐車術、マネしないで!

こんなこともあるもんだ。

 

危険だからマネしないように。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 06:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

Payatas Dumpsite(フィリピンにあるゴミの山)

フィリピンにあるゴミの山、Payatas Dumpsiteと呼ばれる。
こうした映像は忘れたくない。

 

 

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


タグ:Payatas
posted by りゅうちゃんミストラル at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

奇跡の映像!

これはすごい!

 

奇跡はすぐ近くにあるもんだ。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする