2014年09月26日

イスラム国、女性弁護士を公開処刑

イラクの女性弁護士が、イスラム国によって公開処刑された。
国連イラク支援団が25日明らかにした。

 

イスラム国:女性弁護士を公開処刑 イラク・モスル在住(毎日新聞)

上記毎日によると、処刑されたのはサミラ・ヌアイミさん。
囚人の人権問題や貧困支援に取り組んでいた。
5日間の拷問の後、処刑されたという。

イラクとシリアで活動しているイスラム国。
原油販売で富を築いているとも伝えられている。

「国」を名乗っているが、国際的に認められているわけではない。
周辺のイスラム国家でさえ国として認めていない。

この国の背景には、映画「アラビアのロレンス」でも出てきたサイクス・ピコ協定がある。
これは英仏両国が勝手にオスマン帝国領の分割を決めてしまったというもの。
現在の中東諸国での国境は、この協定が基になっている。

だからといって、公開処刑が認められるわけがない。
国際社会は、今後イスラム国にどのような対応をするか。
注目される。

各国の協力体勢が試されている

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。