2014年09月09日

錦織が全米準優勝、夢は次回に!

日本人として初めて4大大会決勝に進んだ錦織圭。
マリン・チリッチ(クロアチア)にストレートで敗れた。

 

錦織、チリッチに破れる 全米オープン決勝(CNN)

スコアは3−6、3−6、3−6だった。
この試合、相手のチリッチが素晴らしかった。

サービスエースを連発し、錦織のサーブではブレークもした。
優勝にふさわしい選手だったと錦織も認めた。

しかし錦織は前向きだ。
4大大会制覇の夢は、次の機会にとっておけばいい。
見る側も楽しみが増えたというもの。

錦織のコーチはあのマイケル・チャン。
ストローカーとして17歳で全仏制覇した。

チャンはアイデアマンとしても知られている。
あのレンドル相手にアンダーサーブしたシーンは有名だ。

 

レンドルのサーブを、前に出てプレッシャーかけたのも彼だった。
当時、私はチャンのアイデアにワクワクしたひとり。
その精神を、錦織はどう受け継ぐのだろう。

下を向かない錦織に期待!

次があるさ!


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




ラベル:錦織 全米 テニス
posted by りゅうちゃんミストラル at 16:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。