2014年09月06日

「ダイイング・アイ」東野圭吾

交通事故で死亡した女性。
死にゆく者の目が起こすホラー調ミステリー。

    目

主人公は30歳のバーテン、雨村慎介。1年半前に交通事故を起こした。
この事故でピアノを教えていた主婦が死亡した。

彼がいる店に、弊店間際ある男がやってきた。
その男は慎介が起こした事故で死んだ女性の夫、玲二だった。

閉店後に慎介を襲い、重傷を負わせた玲二。
その後、玲二は自殺する。妻に似せたマネキンを残して。

その後、店には謎の女性がやって来るようになる。
この女性は何者なのか。次々と意外な事実が明らかになる。

***** **** ***** ****

東野は、新分野に挑戦する作家。
ホラーがかったこの作品は、「日本のS・キング」を目指したのか。

テーマはとてもいい。
前半は謎が多く、読者を惹きつける展開は流石。

事故の真相が二段階で解明されるというのも東野らしい。
真相は私にも読めなかった。

しかし、私には<怖さ>というものがイマイチ伝わってこなかった。
この点がマイナス。

事故について記憶が飛んでいるというのもご都合主義ではないか。
瑠璃子との性行為も意味不明。

東野でなければ、評価はもっと高かっただろう。
国民的作家には、常に高いハードルが用意されているものだ。

私は図書館でこの作品を手にした。だから損したという気はしない。
イチローも10割は打てないように、東野にもハズレの作品はある。

***********************
関連記事

東野圭吾 『ダイイング・アイ』

『ダイイング・アイ』東野圭吾

ダイイング・アイ/東野圭吾  

本「ダイイング・アイ」東野圭吾  

東野圭吾「ダイイング・アイ」

「ダイイング・アイ」・・東野圭吾

【ダイイング・アイ】 東野圭吾 著

「ダイイング・アイ」東野圭吾

東野圭吾さんの「ダイイング・アイ」を読み終える♪

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。