2014年09月02日

いじめ自殺、海自は何を守る?

30代の自衛官が、いじめを苦に自殺した。
幹部への相談3回は役に立たなかった。

 

海自いじめ自殺 護衛艦幹部に相談3回(読売新聞)

今回明らかになった自衛官は横須賀基地配属の護衛艦に乗っていた。
後藤光一1等海曹(42)から度重なるいじめを受けていたという。

横須賀地方警務隊は後藤1曹を暴行などの疑いで書類送検する方針だという。
朝日が報じている。

海自の自殺、パワハラと判断 指摘の上司「指導だった」(asahi.com)

海上自衛隊でのいじめ自殺については、4月に以下の記事に書いたばかり。

海自いじめ自殺、国と元2等海曹に賠償7300万円

この時にも書いたが、自衛隊は何を守っているのか。
「類似事件が多数あると考えるべきだろう」と書いたが、私の予想は当たった。

今も自殺を考えている自衛官が何人いることか。
考えただけで怖くなる。

自殺した自衛官は、幹部に相談を3回もしていた。
にもかかわらず、自殺を防ぐことはできなかった。
自衛隊に自浄能力がないことは明らかだ。

子どもを自殺させたかったら自衛隊へどうぞ

国は守れても、隊員は守れないのが自衛隊


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。