2014年08月15日

終戦記念日、安倍首相「不戦の誓い」は言及無し

15日といえば終戦記念日。
安倍首相は「不戦の誓い」を述べなかった。

 

安倍首相、アジアへの加害責任触れず 戦没者追悼式(日経新聞)

首相「不戦の誓い」今年もなし 69回目終戦記念日 戦没者追悼式(東京新聞)

日本武道館での戦没者追悼式。
「過去の反省」や、「不戦の誓い」がないのは何故か。
集団的自衛権行使を目論む現政権の危険さがよく伝わってくる。

この傾向は昨年も同じだった。

安倍首相、加害と不戦の誓いなし

泰樹に神社参拝に関しては、こんな記事も過去に書いている。

靖国参拝問題は分祀で解決しない

東京裁判と靖国についての社説比較。

広島、長崎の平和祈念式典で、コピペ挨拶と批判された安倍首相。
今回も不安を感じるのは私だけではあるまい。

戦争責任については、こう書いた。

日本は足を踏んだ側。忘れていませんか?

今もこの考えは変わってはいないし、今後も訴え続ける必要がある。
首相が過去を忘れたいなら、なおさらのこと訴える意味があるというもの。

こうして日本は「戦争のできる国になる?」

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。