2014年08月13日

まんだらけ、顔写真公開を中止

万引きしたと思われる男の写真を公開する。
まんだらけの予告は警視庁の要請を受け中止された。

 

人形「万引き犯」の顔、公開中止「警察信じる」(読売新聞)

万引き犯?の顔写真公開中止 まんだらけ、警視庁の要請受け(日経新聞)

予告していたのは、ブリキの鉄人28号(25万円相当)を万引きしたと思われる男の顔。
これをモザイクなしでHP上に晒すということだった。

警視庁は犯人の逃走を招き、捜査に影響が出るとして中止を要請していた。
まんだらけはこの要請を受け、公開を中止した。

この件、まんだらけ側の気持ちはよく理解できる。
多くの店が万引きで経営を圧迫している今、「公開すべき」という意見は強いはず。
実際、万引きが多すぎて閉店してしまった店もあると聞く。

しかしこれは「公開処刑でしかない」という反論がある。
この反論は妥当だ。許されるものではない。

もし、「モザイクなしの顔写真公開」が当たり前になれば。
警察の役割は大きく変化するはず。

もし冤罪だった場合も名誉を回復するのは大変だ。
公開そのものが刑法に触れるという可能性も指摘されている。

公開中止は店側の冷静な判断

公開処刑は許されない


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする