2014年08月09日

長崎原爆の日、「平和の原点が揺らぐ」

今日8月9日は、長崎原爆の日。
田上富久市長は、集団的自衛権の行使について踏み込んだ発言をした。

 

長崎原爆の日:田上市長「戦争しないという誓い 揺らぐ」(毎日新聞)

台風11号が接近する中、式典で田上市長はこう発言した。

「『戦争をしない』という誓い、平和の原点が揺らぐことに対する不安と懸念の声に真摯(し)に向き合い、耳を傾けることを強く求める」
(上記毎日の記事から引用)

同感だ。「核なき世界」は後退している。
現政権は、長崎からの訴えを真摯に受け止めるべき。

被爆者代表の城臺(じょうだい)美弥子さん(75)。
集団的自衛権の行使についてこう訴えた。

「日本国憲法を踏みにじる暴挙です」
(同じく毎日の記事から引用)

残念なことに、一部の日本人は原爆について語り継ぐ意味を理解していない。

【広島】いつまでも原爆原爆うるせえよ【長崎】

平和の原点が揺らぐことに対し、どれだけの日本人が危機感を持っているか。
この点で私は強い疑問がある。

「核なき世界」実現は遠のいた

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。