2014年07月23日

「屍者の帝国」伊藤計劃  円城塔

ワトソンとフランケンシュタイン。
その他いろんな人が登場する、よくわからん話。

 

舞台は19世紀末。始まりはロンドン。
この作品の世界では、「霊素」というものが存在している。

たった21グラムが生者と死者を分けるという設定。
早い話、この作品は過去におけるパラレルワールドを描いたSF。

屍者たちは、軍事用に広く使われていた。
ワトソンは軍医を志望。諜報員として世界を巡る冒険に出る。

話はアフガニスタンに飛ぶ。
書物は榎本が持っていたという話を耳にする。

カラマーゾフの兄弟が登場。レット・バトラーは「風と共に去りぬ」の人。
フランケン三原則とその次に出てきた三原則は「ロボット三原則」そのもの。

そして日本。ワトソンはコレラに倒れる。
大里化学で彼らを待っていたのは・・・

元大統領グラントの計らいで船に乗ることができたワトソンたち。
アメリカに到着する。

再びロンドン。
長い旅の終わりには何が待っていたのか。

***** **** ***** ****

伊藤は09年、34歳で亡くなった。
円城は、伊藤の家族から承諾を得てこの本を出したという。
プロローグは伊藤が書き、ほとんどは円城の手によるもの。

読んでいて不満だったのが、痛みの不在。
日本などの場面で人が傷ついたら、それなりの表現が必要ではないのか。
多くの人を登場させた半面、話に深みが感じられないのも残念。

正直、私にとってこの作品は1800円(税別)の価値はない。
図書館で読んでよかったと心から思う。
私は「虐殺器官」「ハーモニー」を読んでいないので、評価割り引いて考える必要がある?

***********************
関連記事

# 「屍者の帝国」伊藤計劃×円城塔  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする