2014年07月15日

ドイツ優勝とW杯の課題

延長戦とはいえ、予想通りドイツが優勝した。
今大会を振り返る。

 

ブラジル大会が示した『W杯』の価値
FIFAW杯2014ブラジル大会総括(yahoo)


アルゼンチンは「負けたくない想い」で試合に臨んだ。
赤い勝負服を着たアンジー(メルケル首相)の歓喜は試合そのものを伝えている。

大会MVPはメッシ。私なら、ドイツのGKノイアーを選ぶ。
ノイアーは最優秀GKに選ばれた。

***** **** ***** ****

大会を振り返る。

スペインが去り、イングランドもグループリーグで沈んだ。
あのポルトガルでさえドイツには4失点した。

大会を盛り上げたのは、コスタリカ。
ベスト4入りを決めれば、90年のカメルーン旋風を思い出す快挙だったのに。

エースを欠いた開催国ブラジルは大敗。
王国には何が足りなかったのか。

決勝トーナメントでは延長戦に入る試合が続いた。
4試合でPK戦突入というのも大きな特徴だった。

我が日本は優勝を選手たちが口にしながらグループリーグで敗退。
ザックも責任を認め辞任した。

アジア勢は豪州を含め決勝トーナメントに残れず。
今後、アジア枠の減少が議論されるはずだ。

選手、スタッフや審判たちはお疲れ様

2018年に再び会いましょう


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


ラベル:w杯 ドイツ
posted by りゅうちゃんミストラル at 17:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする