2014年07月02日

「人形の家」イプセン

妻が家を出ると決めたきっかけは何か。
現代に通じる戯曲。

 

結婚して8年の夫婦。子どもも3人いる。
クリスマスを前にして、表向きは幸せだった。

弁護士の夫が銀行の頭取になる。
妻のノーラは夫に嘘をついていた。

借金をしていた妻。
そのことを夫には言い出せず秘密にしていた。

だが、クロクスタからの手紙で嘘が露見してしまう。
今まで人形として存在してきたノーラ。
意志を持った彼女は家を出る決心をする。

***** **** ***** ****

この台詞は永遠だ。

「あたしは,何よりもまず人間よ」
(本文より引用)

日本でも、結婚した女性は「会社員〇〇氏の妻」「〇〇ちゃんのママ」と呼ばれる。
それ以前にひとりの女性であることが否定されているかのように。

もし、この作品を結婚前の女性に読ませたら。
結婚を取りやめるかもしれない。

結婚した女性に読ませたら。
夫と子どもを捨てて家を飛び出してしまうかもしれない。

現代の日本ではどうか。
「生む機械」と発言した国会議員。
先日起きた都議会でのセクハラヤジ事件。

北欧であろうが極東の国であろうが、懲りない人はいるもんだ。
たまには戯曲を読んで人について学ぶべき。

私が読んだのは岩波文庫。翻訳は原千代海。
作者のイプセンは主に19世紀に活躍した作家。

ノーラのモデルは二人いるという。
解説で翻訳者が書いている。

ノルウェーで思い出すのが「ソフィーの世界」(ヨースタイン・ゴルデル)。
「あなたはだれ?」という問いでこの作品は始まっている。
時代を超えて、似たことを考える人はいるものだ。

あなたの家は大丈夫?

***********************
関連記事

イプセン「人形の家」(1879年)〜人形の妻が、意志をもったとき  

人形の家/イプセン

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:07| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。